令和3年国家試験社会福祉士にchallenge!

令和3年の社会福祉士に初受験、再受験のあなたへ。私と一緒に合格を目指しませんか?勉強方法や不安など共感、サポートできるブログを目指します。

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目60ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


試験までのカウントダウン✨

社会福祉士の試験まで120日
精神保健福祉士の試験まで119日


それでは、いってみましょう。(^-^)/



目次


注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。

1、第1問:2019年度💮人体問3📖

(1)問題について📕


人体の構造と機能及び疾病の問3
実施年度:2019年


問題文


消化器の構造と機能に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.胆汁は、胆のうで作られる。


2.胃粘膜からは、強アルカリ性の消化液が分泌される。


3.唾液には、消化酵素は含まれない。


4.膵臓(すいぞう)には、内分泌腺と外分泌腺がある。


5.小腸は、水分を吸収しない。
















正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
1を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


3.唾液には消化酵素が含まれている?
5.小腸は水分を吸収される?


2もよくわかりませんでした。

全体的に消火器に対してあまり覚えて覚えていなかったので適当に答えて間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説をしっかり読んで、消火器についてしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第2問:人体問6📖

(1)問題について📕


人体の構造と機能及び疾病の問6
実施年度:2019年


問題文


次のうち、脳血管性認知症の特徴的な症状として、適切なものを2つ選びなさい。


選択肢


1.幻視


2.感情失禁


3.パーキンソン病


4.まだら認知症


5.常同行動















正解は2と4!

(2)結果💯


間違えました。
2は選べました
3を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


全体的に各選択肢の説明が何の認知症か少し覚えていなかったけど


まだら認知症だけは覚えていました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、各選択肢の説明がなんの認知症になるのかをしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:人体問1📖

(1)問題について📕


人体の構造と機能及び疾病の問1
実施年度:2019年


問題文


人体の構造と機能に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.肺でガス交換された血液は、肺動脈で心臓へと運ばれる。


2.腸管は、口側より、空腸、回腸、十二指腸、大腸の順序である。


3.横隔膜は、消化管の蠕動(ぜんどう)に関わる。


4.視覚は、後頭葉を中枢とする。


5.副甲状腺ホルモンは、カリウム代謝をつかさどる。




















正解は4!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目は間違えましたが、今回は正解しました。(*´∀`)



なので次回もこのまま正解できるようにしておきたいです!

(4)感想📱


1.肺から心臓に戻ってくるのは静脈のため、肺静脈です。
2.あまり覚えていないけど、たぶん順番がちがう?
3.横隔膜は肺の細胞に関わる?
5.よくわかりませんでした。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の順番や5の選択肢の説明などや他の選択肢も詳しい身体の構造の具体的な内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗

4、第4問:人体問4📖

(1)問題について📕


人体の構造と機能及び疾病の問4
実施年度:2019年


問題文


事例を読んで、国際生活機能分類ICF)に基づいて分類する場合、正しいものを1つ選びなさい。


事例文


Aさん(50歳、男性)は、脳出血により片麻痺(まひ)を残したが、リハビリテーションによって杖(つえ)と下肢装具を用いた自立歩行を獲得し、復職を達成した。混雑時の通勤の負担と、思うようにならない気分の落ち込みから仕事を休みがちとなったが、職場より出勤時間の調整が図られ、仕事を再開するに至った。


選択肢


1.気分の落ち込みは、「活動」に分類される。


2.出勤時間調整の職場の配慮は、「環境因子」に分類される。


3.片麻痺は、「活動」に分類される。


4.歩行に用いた杖と下肢装具は、「個人因子」に分類される。


5.歩行は、「心身機能・身体構造」に分類される。



















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.気分の落ち込みは心身機能・身体機能です。
3.片麻痺は心身機能・身体機能です。
4.歩行に用いた杖と下肢装具は環境因子です。
5.歩行は活動です。



これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、分類方法の名前やその分類の具体的な内容などについて理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/

問3
sw-challenge.hatenablog.com

問6&1&4
sw-challenge.hatenablog.com



ここで一息( ☆∀☆)


今回は抹茶のチーズケーキをご紹介します。(^-^)/
勉強や家事の休憩のひとときにいいですね。(*´∀`)


一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵