令和3年国家試験社会福祉士にchallenge!

令和3年の社会福祉士に初受験、再受験のあなたへ。私と一緒に合格を目指しませんか?勉強方法や不安など共感、サポートできるブログを目指します。

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目72ー3

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏




それでは、いってみましょう。(^-^)/



目次

注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。

1、第9問:2019年度💮就労支援問143📖

(1)問題について📕


就労支援サービスの問143
実施年度:2019年

問題文


日本の労働法制に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.雇用保険法において失業とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることをいう。


2.日本国憲法第28条が保障する労働三権は、団結権、団体交渉権、勤労権である。


3.労働者災害補償保険の保険料は、事業主と労働者が折半して負担する。


4.最低賃金法に基づく地域別最低賃金は、都道府県知事が決定する。


5.労働契約法は、使用者は、労働者に1週間について40時間を超えて労働させてはならないと規定している。

















正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.勤労権ではなくなんか(ど忘れ。)あとはあっている。
3.労働者災害補償保険の保険料は、事業主がすべて負担します。
4.労働局長が決める。
5.労働基準法です。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の労働三権についてしっかり理解して覚えておきたいですね。(^-^)/

また、他の選択肢もより詳しい内容で選択肢以外のことも理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第10問:就労支援問146📖

(1)問題について📕


就労支援サービスの問146
実施年度:2019年


問題文


事例を読んで、障害者就業・生活支援センターのB支援担当職員(社会福祉士)が行うべき支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


障害者就業・生活支援センターのB支援担当職員は、知的障害のあるCさんから、勤務先で担当する仕事の内容が変わったため、それに対応するのが難しくて失敗が多くなり、出勤する意欲が湧かなくなってしまったと相談を受けた。実際既に1週間仕事は休んでいるが、現在の事業所での就労は継続したいという。Cさんは、10年前に特別支援学校高等部を卒業と同時に現在の事業所に就職した。



選択肢


1.卒業した特別支援学校に対して、Cさんの新たな個別の教育支援計画の策定を要請する。


2.障害者職業能力開発校において、現在求人の多い職種での職業訓練の受講をするように助言する。


3.近隣の就労移行支援事業所が行う就労定着支援を利用するよう助言する。


4.職業適性上の課題が考えられるので、地域障害者職業センターに職業準備支援を依頼する。


5.事業所を訪問して状況を確認した上で、関係者によるカンファレンスを開催する。




















正解は5!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.特別支援学校が支援計画をたてない?
2.そこまで必要ない?


あまり全体的に各選択肢の施設がどんな人に対しての支援するのかあまりよく覚えていなかったけど、5が正解かな?と思って答えられました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、間違えの選択肢の就労支援のサービス施設が誰を対象としているのかを理解して覚えておきたいですね。🤗

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第11問:就労支援問145📖

(1)問題について📕


就労支援サービスの問145
実施年度:2019年


問題文


福祉事務所の就労支援員の業務に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.障害者雇入れ計画の策定指導


2.公共職業安定所ハローワーク)への同行支援


3.健康管理の指導


4.職場適応のためのジョブコーチ支援計画の策定


5.職業能力開発促進法に基づく公共職業訓練























正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.これは公共職業安定所がやる業務です。
5.職業能力開発施設が行う業務です。
(名前からイメージしました。)


3と4はどこがやるのか覚えていなかったけど、なんとなく2かなと思って答えられました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、各選択肢が何の業務が何の業務なのかと福祉事務所の就労支援員の業務についてしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


4、第12問:就労支援問144📖

(1)問題について📕


就労支援サービスの問144
実施年度:2019年


問題文

障害者雇用率制度に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.法定雇用率未達成の企業は、企業規模にかかわらず障害者雇用納付金が徴収される。


2.障害者雇用納付金制度は、対象障害者の雇用に律う経済的負担の調整並びにその雇用の促進及び継続を図ることを目的としている。


3.民間企業の法定雇用率は、2018年度(平成30年度)から3.0%になっている。


4.厚生労働大臣は、法定雇用率が未達成の場合、原則として企業名を公表しなければならない。


5.週所定労働時間が20時間以上30時間未満の障害者は、雇用率算定の対象にはならない。




















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.何人以下かは覚えていなかったけど、ある程度の規模以下なら徴収されない。
3.何%かは覚えていなかったけど、もう少し低い。
4.計画をたてさせたり、計画の適正実施の勧告に従わないときは公表される。(すぐには公表されない。)
5.短時間労働者も雇用率算定の対象になります。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、1の人数や3の民間企業の法定雇用率についての具体的な数字についてしっかり理解して覚えておきたいですね。(^-^)/

もちろん他の選択肢もより詳しい内容を選択肢や解説などで理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/


問143&146&144
sw-challenge.hatenablog.com


問145
sw-challenge.hatenablog.com


5、まとめ✏️


更生保護制度の2015年度の4問と2014年度の1問と2013年度の3問と就労支援サービスの2019年度の4問の計12問について勉強&考察をしました。👏


今日は4問間違えました。🤔


1問目は保護観察の業務について少し覚えていなかった所があって間違えました。(^_^;)))


2問目は少年保護審判の家庭裁判所と他の機関との関係性について少し覚えていなかった所があって間違えました。(^_^;)))


3問目は社会復帰調整官の役割とか業務について少し覚えていなかった所があって間違えました。(^_^;)))


4問目は医療観察制度の制度とか指定の病院を誰が指定するのかあまりよく覚えていなかったので間違えました。(^_^;)))


この4問は前回と同じ間違えをしているのでもう一度赤マルの解説を読んで、それぞれ理解してきちんと覚えておきたいです!


もちろん正解した所も具体的な数字やかなり適当に答えたり、理由をいなかったりしました。


そういう所もきちんと理解して説明できたり、より早く解けるように覚えておきたいです!


少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️


もし、よろしければ読書のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです。🌸



今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋


番外編🌹


今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!📃
良かったら、読んでくださいね🎵


前半

sw-challenge.hatenablog.com



中盤


sw-challenge.hatenablog.com


欲しかった商品が見つかるかも?✌️

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目72ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏



それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次


注意事項⚠️



赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第5問:2014年度💮更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2014年


問題文


Aさんは、社会福祉士の資格を活かして、保護観察所に社会復帰調整官として採用された。社会復帰調整官としてかかわることになった「医療観察法」上の業務に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.社会復帰調整官が指定入院医療機関に出向き、対象者の退院後の生活環境の調整を行う。


2.指定入院医療機関退院後の居住予定地にある精神保健福祉センターが開催するケア会議に、社会復帰調整官として出席する。


3.社会復帰調整官は、「医療観察法」上の審判の際に行う生活環境の調査を、地域社会の実情に詳しい保護司に行わせる。


4.精神保健観察の「守るべき事項」に違反すると、保護観察所の長の決定により、再入院の措置がとられる。


5.対象者が、「医療観察法」に基づく指定通院医療機関に通院中は、「精神保健福祉法」による入院はできない。















正解は1!

(2)結果💯


間違えました。
5を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


3.生活環境の調査は保護司ではなく、社会復帰調整官。
4.保護観察所は他の機関と協議した上で地方裁判所に申し立てをおこないます。


あとはよく覚えていなかったけど適当に5を選んでしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、医療観察法による業務などをきちんと理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/

問149
sw-challenge.hatenablog.com


2、第6問:ここから2013年度💮更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2013年


問題文


医療観察法」が定める医療観察制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.「医療観察法」が規定する審判は、地方裁判所において裁判官と裁判員との合議体により行われる。


2.「医療観察法」が制定されたことにより、「精神保健福祉法」が定めていた措置入院の制度は廃止された。


3.裁判所により入院命令が言い渡された場合、その対象者に対して医療を実施する指定入院医療機関は、法務大臣が指定した病院である。


4.精神保健観察の実施機関は、法務省が所管する保護観察所であり、保護観察所に配属される社会復帰調整官がその事務に従事する。


5.入院によらない医療を受けさせるいわゆる通院決定がなされた場合、その通院医療の期間には制限がない。




















正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
3を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.裁判官はあっていますが、裁判員ではなく、精神保健審判員です。
2.措置入院の制度は廃止されていない。
5.具体的な数字は覚えていなかったけど、期限はある。


3はよく覚えていなかったので4と迷って3を選んでしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、3が間違えている理由と5の通院医療の期間や他の選択肢も具体的な解説や選択肢をしっかり読んで理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第7問:更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2013年


問題文


更生保護施設に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.更生保護施設を運営するのは、更生保護法人でなければならない。


2.更生保護施設の補導員は、保護司を兼ねることができない。


3.更生保護施設が保護観察所の長の委託に基づいて行う更生緊急保護の期間は、最大6か月間と定められており、延長は認められない。


4.更生保護施設は、被保護者に対して、宿所や食事の提供だけでなく、酒害・薬害教育やSST(社会生活技能訓練)などの処遇も行う。


5.更生保護施設が被保護者の保護に要した費用のうち、保護観察所の長の委託に基づく保護に要した費用については、国と都道府県が支弁する。



















正解は4!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.更生保護法人だけではない?
2.兼ねることもできる。
3.延長ができる。(延長は6ヶ月)
5.都道府県は関係なさそう。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、保護施設の運営はどこがやるのかや保護の費用の負担はどうなるなっているのか具体的なことまで覚えておくのと他の選択肢もより詳しい内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗


4、第8問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2013年


問題文


保護観察官の業務として行う「専門的処遇プログラム」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

選択肢


1.専門的処遇プログラムは、心理療法の一つである認知行動療法が基になっており、自発的意思に欠ける対象者には適用とならない。


2.専門的処遇プログラムの一つである覚せい剤事犯者処遇プログラムは、簡易薬物検出検査と組み合わせて、断薬の意思を強化しながら実施する。


3.専門的処遇プログラムの一つである性犯罪者処遇プログラムは、逸脱した性的欲求を低下させることに焦点を当てて実施する。


4.専門的処遇プログラムを受けるのは仮釈放者ではなく、保護観察付執行猶予者である。


5.就労が優先すると認める場合には、保護観察官の判断により、専門的処遇プログラムの実施を取りやめることができる。






















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱

1.自発的意思に欠ける者でもこのプログラムは義務なので実施されます。
4.このプログラムは仮釈放者も含まれます。
5.保護観察官の判断ではできない?


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、3は具体的にどこが間違えているのや5のプログラムの取り止めなどの変更は誰がやるのかをしっかり理解して覚えておきたいですね。✨

また、他の選択肢もより詳しい内容を解説や選択肢などで理解して覚えておきたいですね。🤗


(5)この科目の現在のについて🍀


54%になりました。\(^-^)/


ふくろう君が少し羽を広げてくれました。( ☆∀☆)


この問題でこの科目の2周目が終わったので次のブログより専門科目の就労支援サービスに入ります。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/

問149&148&150
sw-challenge.hatenablog.com




一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵


欲しかった商品が見つかるかも?✌️

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目72ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


試験までのカウントダウン✨

社会福祉士の試験まで108日
精神保健福祉士の試験まで107日



それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次

注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。




1、第1問:2015年度💮更生保護問147📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問147
実施年度:2015年


問題文


保護観察に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.保護観察官が指導監督、保護司が補導援護を行う役割分担を行っている。


2.少年院からの仮退院者や児童自立支援施設からの退所者には保護観察が付される。


3.少年事件の保護観察を実施する機関は児童相談所であり、そこには保護観察官が配属されている。


4.法務大臣が指定する施設などにおいて、一定期間の宿泊の継続とそこでの指導監督を受けることが特別遵守事項の一つとされている。


5.犯罪をした者及び非行のある少年に対し、矯正施設や社会内において適切な処遇を行うことにより改善更生を助けることが保護観察の目的である。

















正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.保護司と保護観察官との業務の分担は特にありません。
3.児童相談所にそもそも保護観察官がいない?
5.矯正施設ではなく、社会内処遇です。


2についてはあまりよく覚えていなかったので4と迷って間違えました。



なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の間違えているの理由や4がなぜ正解なのかや他の選択肢も保護観察の目的や役割や配属など選択肢や解説など理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第2問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2015年


問題文


少年保護審判を担当する家庭裁判所と他の機関との連携に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.家庭裁判所は、犯罪少年については、警察官から送致を受けた場合に限り審判に付することができる。


2.家庭裁判所は、保護処分を決定するため必要があると認めるときは、保護観察官の観察に付することができる。


3.家庭裁判所は、触法少年については、都道府県知事又は児童相談所長から送致を受けた場合に限り審判に付することができる。


4.家庭裁判所は、審判を開始する前に、少年鑑別所に命じて、審判に付すべき少年の取調その他の必要な調査を行わせることができる。


5.家庭裁判所は、犯行時14歳以上の少年が犯した犯罪については、原則的に検察官に送致しなければならない。

















正解は3!

(2)結果💯


間違えました。
4を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.犯罪少年(14歳から20歳まで)には検察官から送致されることもあります。


あとはよく覚えていなかったので適当に4を選んで間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、家庭裁判所や警察や検察官などのそれぞれの役割について選択肢やその解説などで理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2015年


問題文


保護観察官及び保護司に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢



1.保護司は、保護観察官とは異なり、職務上知り得た関係者の身上に関する秘密を尊重する義務はない。


2.保護司には給与は支給されないが、職務に要した費用は実費弁償の形で支給されている。


3.保護観察対象者の信教の自由に配意して、宗教家は保護司になることが認められていない。


4.保護観察官が、保護司なしに直接、保護観察事件を担当することはない。


5.保護観察官の職務は、法執行に関わる保護観察の実施であり、犯罪予防活動については、地域社会の実情に精通した保護司の職務とされている。






















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.保護司も、知り得た情報の守秘義務があります。
3.成年被後見人被保佐人、禁固刑以上の刑や暴力団などです。
4.担当することがある。
5.保護観察官と保護司との業務は特に分担はありません。



これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、保護観察官や保護司の役割や義務、なれる人などを選択肢や解説で具体的な内容も理解して覚えておきたいですね。🤗

4、第4問:更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2015年


問題文


更生保護施設に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.更生保護施設の運営は、社会福祉法人に限定される。


2.更生保護施設は、被保護者に対して社会復帰のための処遇を実施する。


3.更生保護施設は、更生緊急保護の対象者に限って収容保護を行う。


4.更生保護施設は、少年と成人とを別の施設に収容しなければならない。


5.更生保護施設の収容期間は、3か月を超えてはならない。























正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.社会福祉法人以外にもある?
3.保護観察に付いた者や執行猶予者などもあります。
4.特に分ける必要がない。でも実際には分けている施設が多い。
5.3ヶ月では無さそう。(もっと長い!)


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、1の他の法人や5の更生保護施設の収容期間のきちんとした期間や他の選択肢もより詳しい内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/

問147&150&149
sw-challenge.hatenablog.com

問148
sw-challenge.hatenablog.com




一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵


ここで一息!🎵

メロンパンのご紹介です。🎵

クリームが入っているメロンパンが私は好きです。(^-^)/
勉強やお子さんのおやつにもぴったりですね。🤗


欲しかった商品が見つかるかも?

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目71ー3

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏



それでは、いってみましょう。(^-^)/



目次

注意事項⚠️



赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第9問:2016年度💮更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2016年


問題文


更生緊急保護の対象者に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.罰金刑の言渡しを受けた者は、更生緊急保護を受けることができない。


2.懲役・禁錮の刑につき執行猶予の言渡しを受けた者は、更生緊急保護を受けることができない。


3.起訴猶予を受けた者は、更生緊急保護を受けることができない。


4.懲役・禁錮の刑につき仮釈放中の者は、更生緊急保護を受けることができない。


5.懲役・禁錮の刑の執行を終わった者は、更生緊急保護を受けることができない。




















正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.できる?
3.できる?
5.できる?


どれが更生緊急保護を受けることができないかはっきりわからならかったので適当に選んで間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、更生緊急保護を受けることができない?できる?をきちんと理解するとその根拠となる説明などもセットで覚えておきたいですね。🤗

2、第10問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2016年


問題文


非行少年の取扱いに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.虞犯少年に対して、児童相談所長は検察官に送致することができる。


2.触法少年に対して、検察官は起訴猶予処分を行うことができる。


3.触法少年に対して、家庭裁判所は少年院送致の保護処分をすることができる。


4.犯罪少年に対して、警察は児童相談所に送致することができる。


5.少年院在院者に対して、少年院長は仮退院の許可決定を行うことができる。





















正解は3!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目は間違えましたが、今回は正解しました。(*´∀`)




なので次回もこのまま正解できるようにしておきたいです!

(4)感想📱


1.虞犯少年の送致には、検察庁は関与しない?
2.よく覚えていなかった。
4.児童相談所ではないけど、どこに送致するのか覚えていなかったです。
5.少年院長が決定しない。(どこがやるのかは覚えていない。)


これらを理由に間違えを見極めました。

なのでもう一度赤マルの解説を読んで、どこに送致するとか少年院の仮退院はどこが決めるのかとかなどわからない所とより詳しい内容なども理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第11問:更生保護問147📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問147
実施年度:2016年


問題文


更生保護法の目的に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.犯罪をした者に対して、矯正施設及び社会内において適切な処遇を行うことにより再犯を防ぎ、自立と改善更生を助ける。


2.犯罪をした者に対して、本人との契約に基づき、適切な処遇を行うことにより再犯を防ぎ、自立と改善更生を助ける。


3.犯罪をした者及び非行のある少年に対して、矯正施設内において適切な処遇を行うことにより再犯を防ぎ、又はその非行をなくし、自立と改善更生を助ける。


4.犯罪及び非行を行うおそれのある者に対して、適切な予防活動を行うことにより犯罪を防ぎ、又はその非行性をなくし、自立と改善更生を助ける。


5.犯罪をした者及び非行のある少年に対して、社会内において適切な処遇を行うことにより再犯を防ぎ、又はその非行をなくし、自立と改善更生を助ける。





















正解は5!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目は間違えましたが、今回は正解しました。(*´∀`)




なので次回もこのまま正解できるようにしておきたいです!

(4)感想📱


1.矯正施設ではなく、社会内処遇です。
2.契約ではなく、措置です。
3.矯正施設内ではなく、社会内処遇です。


4はよく覚えていなかったけど、5の説明が正解かな?とわかったので答えられました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、4の間違えている理由と更生保護法の目的には何があるのかを選択肢や解説できちんと理解して覚えておきたいですね。🤗

4、第12問:更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2016年


問題文


保護観察官及び保護司に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.保護司は保護観察所長の指揮監督を受けることはない。


2.保護観察官家庭裁判所に配置されている。


3.保護観察官は呼出し面接によって、保護司は訪問面接によって保護観察を行うこととされている。


4.保護司には給与が支給される。


5.保護司は、保護観察官で十分でないところを補うこととされている。



















正解は5!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.保護司は保護観察所長の指揮監督を受けて業務をします。
2.保護観察官は地方更生保護委委員会や保護観察所です。
3.とくにどっちがどっちとは決められていない。
4.給与はでませんが、交通費などの実費は出ます。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、何度も出ていますが、保護観察官や保護司の役割や配置や業務などをしっかり解説や選択肢で理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/

問148&150&149
sw-challenge.hatenablog.com

問147
sw-challenge.hatenablog.com

5、まとめ✏️


更生保護制度の2018年度の4問と2017年度の4問と2016年度の4問の計12問について勉強&考察をしました。👏


今日は3問間違えました。🤔


1問目は保護観察官になるための試験があることについてあまり覚えていなかったので答えられませんでした。(^_^;)))


2問目は保護観察所公共職業安定所の職員がおるのかなとか刑務所出所者等を対象とした就労支援メニューについて知らなかったので間違えました。(^_^;)))


3問目は更生緊急保護の受けることができないやつとかできるやつの区別についてあまり覚えていなかったので間違えました。(^_^;)))


なのでこれらの間違えはほとんど覚えていない用語とか知らなかったとかだったのでもう一度赤マルの解説を読んで、しっかりその用語について理解して覚えておきたいです!



もちろん正解した所も具体的に説明できなかったり、あまりよくわからずに答えたりした所もありました。


そういう所もきちんと理解して説明やスムーズに答えられるようにしっかり理解して覚えておきたいです!



少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️

もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸



今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋


番外編🌹


今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!📃
良かったら、読んでくださいね🎵


前半
sw-challenge.hatenablog.com



中盤
sw-challenge.hatenablog.com


欲しかった商品が見つかるかも?✌️

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目71ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏



それでは、いってみましょう。(^-^)/

目次

注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。




1、第5問:2017年度💮更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2017年


問題文


触法少年に対する関係機関の対応に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.家庭裁判所は、触法少年を検察官に送致することができる。


2.児童相談所長は、触法少年児童自立支援施設に入所させることができる。


3.警察は、触法少年地方裁判所に送致することができる。


4.警察は、触法少年を検察官に送致することができる。


5.児童相談所長は、触法少年を検察官に送致することができる。




















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.触法少年は14歳までは基本検察官に送られません。
3.児童相談所長に送致?
4.触法少年は14歳までは基本検察官に送られません。
5.触法少年は14歳までは基本検察官に送られません。



これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、触法少年の対応についてより詳しい内容も理解して覚えておきたいですね。🤗

2、第6問:更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2017年


問題文


更生保護制度の担い手や施設に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.更生保護施設への委託期間は、更生緊急保護対象者の場合、延長することが可能である。


2.保護観察官は、地方検察庁に配置されている。


3.保護司は、担当事件によっては給与が支払われる。


4.保護司の職務は、保護観察事件に限定されている。


5.更生保護施設は、地方公共団体が運営しなければならない。





















正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.保護観察所地方更生保護委員会の事務局です。
3.給与はでませんが、交通費等の実費弁償があります。
4.犯罪予防活動などもあります。
5.民間でもいける?


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、更生保護の施設や保護司の職務などの内容など正解以外の解説も理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第7問:更生保護問147📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問147
実施年度:2017年


問題文


更生保護制度に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。


選択肢


1.保護観察所は、更生保護を実施するための第一線の機関である。


2.更生保護制度を基礎づけている法律は、更生保護法である。


3.更生保護の対象者は、保護観察に付されている者に限る。


4.更生保護に関する事務は、家庭裁判所が所掌している。


5.更生保護制度は、刑事政策における施設内処遇を担っている。






















正解は1と2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


3.更生保護の対象者は緊急更生保護も入ります。
4.地方更生保護委員会保護観察所が所管しています。
5.施設内処遇ではなく、社会内処遇です。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、保護観察所とはどういう機関なのかやどういう人を保護するのかなど選択肢以外の解説も理解して覚えておきたいですね。🤗


4、第8問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2017年



問題文


事例を読んで、医療観察中にD社会復帰調整官がEさんに対して行うことのできた業務として、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


保護観察所のD社会復帰調整官は、医療観察の対象者であるEさんを担当して、指定入院医療機関に入院中の生活環境の調整に始まり、関係機関との連携を図るケア会議を開催した。その後、Eさんは退院し、入院によらない医療を受けながら自宅での生活を行った。その間、精神科病院への一時的入院もあったが、法定期間満了前に処遇の終了を迎えることができた。


選択肢


1.入院によらない医療を受けているEさんに対して、「精神保健福祉法」の規定による入院を行うための調整をした。


2.Eさんの精神保健観察中に「守るべき事項」を決定した。


3.開催されたケア会議において、Eさんの退院許可の決定を行った。


4.Eさんの生活環境の調整を保護司に委ねた。


5.Eさんの指定通院医療機関による医療の終了を決定した。


















正解は1!


(2)結果💯


正解しました。


(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.精神保健観察中ではなく、つくときに決められる?
3.社会復帰調整官ではなく、保護観察所長の意見が必要必要です。
4.生活環境の調整は社会復帰調整官がやります。
5.どこがやるのか知らんけど、社会復帰調整官ではない?


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、5の指定通院医療機関による医療の終了をどこがやるのかや他の選択肢の業務もどこの誰がやるのかや選択肢以外の説明も解説でしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗

(5)この科目の現在の習熟度について✨


25%になりました。🎵
ふくろう君が目を開けてくれました。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/

問149&148&147
sw-challenge.hatenablog.com

問150
sw-challenge.hatenablog.com



一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵


欲しかった商品が見つかるかも?✌️

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目71ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


試験までのカウントダウン✨


社会福祉士の試験まで109日
精神保健福祉士の試験まで108日


それでは、いってみましょう。(^-^)/

目次


注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第1問:2018年度💮更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2018年



問題文


保護観察官と保護司に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。


選択肢


1.保護観察官は、福祉事務所に配置されている。


2.保護観察官には、法務省専門職員(人間科学)採用試験がある。


3.保護司の活動拠点として、更生保護サポートセンターが設置されている。


4.保護観察は保護観察官、犯罪予防活動は保護司が分担する。


5.保護司は、都道府県知事が委嘱する。




















正解は2と3!

(2)結果💯


間違えました。
3は選べました。
5を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目はあっていたのに今回は間違えました。(T_T)

 

もう一度赤マルの解説を見直して覚え直しておきたいです!

 

そして次回は正解したいです。

(4)感想📱


1.地方更生保護委員会保護観察所の事務局です。
4.特に役割の分担はない?


5は委託はどこかわからなかったのと正解の2もなんか正解のような間違えのような?とかいろいろ迷ってしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、しっかり保護観察官と保護司の役割や配置やなり方などしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第2問:更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2018年


問題文


更生保護の機関と就労支援及び福祉機関・団体との連携に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.生活困窮者自立支援制度は、更生保護対象者には適用されない。


2.地域生活定着支援センターは、法務省により設置されている。


3.公共職業安定所ハローワーク)には、刑務所出所者等を対象とした就労支援メニューがある。


4.公共職業安定所ハローワーク)の職員は、保護観察所に所属して就労支援を行っている。


5.協力雇用主には、対象者の身分や前歴等を知らせずに協力してもらっている。





















正解は3!

(2)結果💯


間違えました。
4を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目はあっていたのに今回は間違えました。(T_T)

 

もう一度赤マルの解説を見直して覚え直しておきたいです!

 

そして次回は正解したいです。

(4)感想📱


1.更生保護対象者も対象?
2.よく覚えていなかったけどなんとなく違う?
5.更生するのを協力するのを同意する雇用主に協力してもらっているので犯罪歴などを理解して雇ってもらいます。


4は正解かな?違う?見たいに迷ったり、3が正解かな?と迷って4を選んでしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、4の間違えているの理由や2の地域生活定着支援センターの設置や他の選択肢もより詳しい内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:更生保護問147📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問147
実施年度:2018年


問題文


保護観察制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.仮釈放を許された者には、保護観察が付される。


2.保護観察所は、都道府県によって設置される。


3.保護観察は、少年を対象としない。


4.保護観察では、施設収容を伴う処遇は行われない。


5.刑の一部の執行猶予を言い渡された者には、保護観察が付されることはない。



















正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.法務省に設置
3.保護観察の対象は少年も含まれます。
4.保護観察期間中に違反したら施設収容もある。
5.執行猶予の期間の間に保護観察がつかされます。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、保護観察制度の対象や設置や処遇などより詳しい内容を理解して覚えておきたいですね。🤗


4、第4問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2018年


問題文


社会復帰調整官に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.社会復帰調整官は、地方検察庁に配属されている。


2.社会復帰調整官は、医療刑務所入所中の者の生活環境の調整を行う。


3.社会復帰調整官が、「医療観察法」の審判で処遇を決定する。


4.社会復帰調整官は、精神保健観察のケア会議に支援対象者の参加を求めることができる。


5.社会復帰調整官が、指定通院医療機関の指定を行う。



















正解は4!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.社会復帰調整官は、保護観察所に配置されています。
2.生活環境の調整は保護観察官が行います。
3.裁判官と精神の関係者?
5.厚生労働大臣が指定した病院?


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、3の処遇決定するのは誰かや他の選択肢もさらに正解以外の詳しい内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/


問148&147&149&150
sw-challenge.hatenablog.com

今回はこちらをご紹介します。(^-^)/

クッキーのご紹介です。🎵

このクッキー食べたことがあるのですが、サクサクしていておいしかったですよ!

勉強の途中やお仕事で疲れたときに食べたら落ち着きます。(*´∀`)

クッキーだけではなく、クッキーが入っている缶もかわいいので食べた後も入れ物としても使えますね。🤗

欲しかった商品が見つかるかも?✌️

一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目70ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏




それでは、いってみましょう。(^-^)/



目次

注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。



1、第6問:2019年度💮更生保護問148📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問148
実施年度:2019年


問題文


更生緊急保護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.対象となる者に仮釈放中の者を含む。


2.対象となる者からの申出がない場合は職権で行うことができる。


3.刑事施設の長又は検察官がその必要があると認めたときに限って行われる。


4.対象となる者が刑事上の手続又は保護処分による身体の拘束を解かれた後2年を超えない範囲内において行われる。


5.更生保護事業を営む者に委託して行うことができる。





















正解は5!

(2)結果💯


間違えました。
1を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


3.検察官は違う?
4.具体的な数字は覚えていなかったけど、2年よりも短い?


具体的に全体的にあまりよく覚えていなかったので、めちゃくちゃ迷って適当に1を選んでしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、更生緊急保護の対象者やどんなときに行われるのかや期間など具体的な内容まで理解して覚えておきたいです。🤗

2、第7問:更生保護問147

(1)問題について📕


更生保護制度の問147
実施年度:2019年


問題文


保護観察に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.保護観察は、保護観察対象者の居住地を管轄する保護観察所が行う。


2.保護観察処分少年の保護観察期間は、保護処分決定の日から、原則として18歳に達するまでの期間である。


3.保護観察の対象者は、自らの改善更生に必要な特別遵守事項を自分で定める。


4.保護観察の良好措置として、仮釈放者には仮解除の措置がある。


5.保護観察の不良措置として、少年院仮退院者には退院の措置がある。






















正解は1!

(2)結果💯


間違えました。
4を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

しかも同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


2.20歳までです。(ただし2年に達しないときは+2年)
3.保護観察所長なとが決める?
5.よく覚えていなかったけど、退院はない。

4はなんかそんな措置があるのかなと勘違いしていました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、4の間違えの理由や他の選択肢も詳しい内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第8問:更生保護問150📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問150
実施年度:2019年


問題文


事例を読んで、Z保護観察所が行うDさんの生活環境の調整に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


U矯正施設に収容されたDさん(55歳、男性)は、施設からの釈放後に家族のもとで生活することを希望している。Z保護観察所に対し、U矯正施設からその旨の通知があった。


選択肢


1.Dさんの生活環境の調整の方法として、Dさんの家族その他の関係人を訪問して協力を求めることがある。


2.Dさんの生活環境の調整を、保護司と協力して行うことは認められていない。


3.Dさんの生活環境の調整は、Dさんの仮釈放決定後に開始する。


4.Dさんの希望に関係なく、まずU矯正施設の所在地域にある更生保護施設への帰住を調整する。


5.Dさんの釈放後の就業先を確保することは、Dさんの生活環境の調整を行う事項に含まれない。



















正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.協力しないと調整はできないのでは?
3.生活環境の調整も仮釈放の判断基準となるので決定前に把握する?
4.Dさんの希望が優先されます。
5.社会復帰として就業先を探すのも生活環境の調整の項目に入っている。


これらを理由に間違えを見極めました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、理由だけではなく、更に詳しい具体的な内容まで理解して覚えておきたいですね。🤗

4、第9問:更生保護問149📖

(1)問題について📕


更生保護制度の問149
実施年度:2019年


問題文


保護司に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢



1.保護司には給与は支給されないが、職務に要した費用は実費弁償の形で支給される。


2.保護司は、「平成30年版犯罪白書」(法務省)によると、40~49歳までの年齢層が最も多く、過半数を超えている。


3.保護司は、保護観察対象者の居住先を訪問することは禁じられている。


4.保護司は、検察官の指揮監督を受けて職務に当たる。


5.保護司の職務に、犯罪予防を図るための啓発及び宣伝の活動は含まれない。



















正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


3.対象者の家に訪問して生活実態や確認をするのでむしろ必要?
4.地方更生保護委員会保護観察所の長指示です。
5.犯罪予防の活動も含まれる?


2のやつはよく覚えていなかったけど、そんなにもいないかな?と思って1を答えられました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の保護司はどんな年齢の人がいるかや他の選択肢も感想以外のことも具体的な内容も理解して覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/

問148&147&150&149
sw-challenge.hatenablog.com


5、まとめ✏️


障害者に対する支援と障害者自立支援制度の2013年度の5問と更生保護制度の4問の計9問について勉強&考察をしました。👏


今日は4問間違えました。


障害者総合支援法の行政の役割で各選択肢の計画や実施しないといけないこととか指定などどこが行うのかとかその具体的な各内容の具体的な中身まで覚えていなかったので間違えました。(^_^;)))


また、更生保護は保護観察や緊急保護について勘違いしていたり、保護の仕組みを少し覚えていなかったので間違えました。(^_^;)))


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、障害者総合支援法の行政はどこがやるのかとその各選択肢の業務内容についてしっかり理解して覚えておきたいです!


更生保護は保護の仕組みや対象者などを赤マルの解説や選択肢でしっかり理解して覚えておきたいです!


もちろん正解した所も具体的に理由をに言えなかったり、解説をみてなるほどと思う所もありました。


そういう所もきちんと理解して理由を言えるようにそしてなるほど!と思う所を減らしていけるようにしっかり理解して覚えておきたいです!



少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️


もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸



今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋



番外編🌹


今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!📃
良かったら、読んでくださいね🎵


前半
sw-challenge.hatenablog.com


最後にこちらをご紹介します。(^-^)/


バンホーテンのピュアココアです。🎵

ココアのなかだったらこのココアが好きかな?🎵

コップに適量をいれてお湯をいれて飲むのもよし!
お菓子作りに使うのもいいですね。( ☆∀☆)


欲しかった商品が見つかるかも?✌️