令和3年国家試験社会福祉士にchallenge!

令和3年の社会福祉士に初受験、再受験のあなたへ。私と一緒に合格を目指しませんか?勉強方法や不安など共感、サポートできるブログを目指します。

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目50ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏

試験までのカウントダウン✨


社会福祉士の試験まで130日
精神保健福祉士の試験まで129日


それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次


注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第1問:2017年度💮社会保障問49📖

(1)問題について📕


社会保障の問49
実施年度:2017年


問題文


平成28年版厚生労働白書」における高齢化などに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.65~69歳の労働力人口比率を2005年(平成17年)と2015年(平成27年)で比較すると、低下している。


2.高齢化率が7%を超えてから14%に達するまでの所要年数を比較すると、日本の方がフランスよりも短い。


3.2015年(平成27年)における高齢者人口は、生産年齢人口を上回っている。


4.2010年(平成22年)以降、日本の総人口は増加に転じた。


5.2014年(平成26年)における都道府県別の高齢化率をみると、東京都の高齢化率は全国平均より高い。






















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.今は65歳から69歳のひとでも働く人が多くなっているのでむしろ増加している。
3.具体的な数字は覚えていなかったけど、生産年齢の方がおおい?
4.2011年より減少傾向に転じている。
5.東京は沖縄県に続いて46番目なので全国の平均よりも低い。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、各選択肢の具体的な数字をだいたい覚えておきたいです。🤗


2、第2問:社会保障問55📖

(1)問題について📕


社会保障の問55
実施年度:2017年


問題文


児童手当、児童扶養手当に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.児童手当の支給対象となる児童の年齢は、12歳到達後の最初の年度末までである。


2.児童扶養手当の支給対象となる児童の年齢は、障害がない子どもの場合、18歳到達後最初の年度末までである。


3.児童手当の費用は、国と地方自治体が50%ずつ負担している。


4.児童扶養手当の費用は、国が全額負担する。


5.児童手当の支給額には、物価スライド制が適用されている。



















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.児童手当は中学校卒業まで(15歳達成後の最初の3月31日)
3.具体的な割合は覚えていなかったけど、国がもうちょい負担している?!
4.具体的な割合は覚えていなかったけど、すべて国が負担しない?!
5.金額は覚えていなかったけど、年齢別に一律に決められている。


これらを理由に間違えを見極めました。

なのでもう一度赤マルの解説を読んで、具体的な負担割合や金額などやその他の詳しい内容までしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:社会保障問53📖

(1)問題について📕


社会保障の問53
実施年度:2017年


問題文


事例を読んで、労働者災害補償保険(以下、「労災保険」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


Aさんは正社員として建設会社に就職した。正社員は他に7名いて、アルバイトとして学生のBさんが雇われている。Aさんは業務上の事由により右足を骨折してしまった。

選択肢


1.骨折した事故が労災認定された場合、療養の給付について、Aさんに自己負担はない。


2.この会社は、正社員が10名以下なので労災保険は適用されない。


3.会社が労災保険の保険料を滞納していた場合、Aさんは、労災保険の給付を受けることができない。


4.Bさんは、学生なので労災保険の適用対象にならない。


5.Bさんは、学生なので労災保険の適用対象にならない。






























正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想


2.労災保険は一人でも従業員を雇えば対象となります。
3.滞納していても事業主から徴収さるので払われないことはありません。
4.労災保険は働いてれば働き方に関係なく(パートやアルバイトなども)もらえます。
5.休業補償制度は初日からもらえるではなく、4日目からです。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、詳しい解説で更に強化して覚えておきたいですね。🤗


4、第4問:社会保障問54📖

(1)問題について📕


社会保障の問54
実施年度:2017年


問題文


事例を読んで、出産・育児支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


Cさん(28歳、女性)は、U社に正社員として5年間勤務し、V社に正社員として5年間勤務するDさん(28歳、男性)と婚姻関係にあり同居している。Cさんは、4週間後に出産予定日を控え、「育児・介護休業法」に基づく育児休業を取得する予定である。CさんとDさんは、共に健康保険厚生年金保険及び雇用保険の被保険者である。


選択肢


1.Cさんが育児休業を取得した場合、休業開始時賃金日額の40%の育児休業給付金が支給される。


2.Cさんが出産したときは、出産育児一時金が支給される。


3.CさんとDさんの所得を合算した額が一定額に満たない場合、CさんとDさんのどちらかに、出産後、児童扶養手当が支給される。


4.CさんとDさんが共に育児休業を取得する場合、育児休業給付金は、最長で合計3年間支給される。


5.育児休業中、Cさんの厚生年金保険の保険料は、事業主負担分のみ免除される。





















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.具体的な割合は覚えていなかったけど、もうちょい支給される割合は多い?!
3.児童扶養手当一人親家庭を対象されています。
この事例ではひとり親家庭ではないので対象ではない。
4.育児休業は子供が一歳まで。(保育園などに入れない場合などの延長は2歳まで)
5.育児休業中の厚生年金保険の保険料は事業主&Cさん両方のとも免除となります。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、1の具体的な支給割合やその他の詳しい内容までしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗




詳しい解説はこちら\(^-^)/


問49&55
sw-challenge.hatenablog.com

問53&54
sw-challenge.hatenablog.com



ここで楽天のご紹介です。( ☆∀☆)

勉強の一服やテレワークのお供に!
気分転換にヨーグルトや飲むヨーグルトはいかがですか?!🎵


一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目49ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏



それでは、いってみましょう。(^-^)/



目次

楽天の紹介です。🎵

まずは受験のときに持っていくべき昼食をご紹介します。\(^-^)/

去年、一昨年の試験のときに片手でも食べられるようにランチパックを買って行きました。
さっさと食べられるし。笑
皆さんはどの味がお好きですか?

ちなみにわたしは卵です。(^-^)/

ここから赤マル💮


注意事項⚠️

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第5問:社会保障問53📖

(1)問題について📕


社会保障の問53
実施年度:2018年


問題文


医療保障制度の歴史的展開に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.介護保険法(1997年(平成9年))により、老人保健施設が創設された。

2.老人福祉法(1963年(昭和38年))により、国民皆保険が実現した。


3.健康保険法等の改正(2006年(平成18年))による「高齢者医療確保法」により、75歳以上の高齢者が別建ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。


4.健康保険法(1922年(大正11年))により、農業従事者や自営業者が適用対象となった。


5.老人保健法(1982年(昭和57年))により、高額療養費制度が創設された。

























正解は3!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃

一回目はあっていたのに今回は間違えました。(T_T)

 

もう一度赤マルの解説を見直して覚え直しておきたいです!

 

そして次回は正解したいです。

(4)感想📱


1.老人保健施設はもっと早く創設された?!
4.自営業などは1922年よりももっと後に追加された?!


あとはよくわからなかったので適当に選んで間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、どの年になんの制度やなにが創られたのかをしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第6問:社会保障問55📖

(1)問題について📕


社会保障の問55
実施年度:2018年


問題文


諸外国における医療や介護の制度に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。


選択肢


1.スウェーデンには、介護保険制度が存在する。


2.アメリカには、全国民を対象とする公的な医療保障制度が存在する。


3.ドイツの介護保険制度では、介護手当(現金給付)を選ぶことができる。


4.イギリスには、医療サービスを税財源により提供する国民保健サービスの仕組みがある。


5.フランスの医療保険制度では、被用者、自営業者及び農業者が同一の制度に加入している。





















正解は3と4!

(2)結果💯


間違えました。
4は選べました。
1を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃

一回目も間違えました。

 

なんと!一回目と同じ選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!


(4)感想📱


2.低所得や高齢者を対象したメディケアとメディケイドがあるが、全国民向けの保険はない。


あとはよく覚えていなかったので適当に選んで間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、外国の保険についてもしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮


3、第7問:社会保障問52📖

(1)問題について📕


社会保障の問52
実施年度:2018年


問題文

金保険に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.離婚した場合、当事者の合意又は裁判所の決定があれば、婚姻期間についての老齢基礎年金の分割を受けることができる。


2.老齢基礎年金は、25年間保険料を納付して満額の支給が受けられる。


3.国民年金の第一号被保険者を対象とする独自の給付として、付加年金がある。


4.老齢基礎年金は、65歳以降75歳まで支給開始を遅らせることができ、この場合、年金額の増額がある。


5.障害基礎年金は、障害認定日に1級、2級又は3級の障害の状態にあるときに支給される。




























正解は3!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃

一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.分けることができるのは厚生年金。
老齢基礎年金は分けられません。
4.いつからいつまですこし覚えていなかったけど70歳までかな?と考えました。
5.障害等級3級は含まれない。


2と3の迷ってなぜか2を選んでしまいました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の間違えの理由と4の支給遅らせのやつをしっかり理解して覚えておきたいですね。🌠


もちろん他の選択肢も詳しい解説を読んで、更に強化して覚えておきたいですね。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/

問52&53
sw-challenge.hatenablog.com

問55
sw-challenge.hatenablog.com

4、まとめ✏️


社会保障の2018年度の7問について勉強&考察をしました。👏


今日は3問間違えました。🤔


1問目は各選択肢の制度がいつできたのかの歴史問題をあまり覚えていなくて間違えました。(^_^;)))


2問目は外国の社会保障制度についてほとんど覚えていなくて間違えました。(^_^;)))


3問目は年金の支給についてある程度絞れましたが、一部の知識が抜けていて迷って間違えました。(^_^;)))


なのでこの3問は赤マルの解説をもう一度しっかり読んで、なぜ間違えているのかなぜ合っているのかを理解できるように覚えておきたいです!


もちろん正解した所もたまに説明できない所もありました。


そういう所もしっかり理解して説明できるようにもう一度赤マルの解説を読んで、更に理解して覚えておきたいです!


少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️


もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸




今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋


番外編🌹


今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!📃
良かったら、読んでくださいね🎵


前半

sw-challenge.hatenablog.com





いつものごとくわからなかったらこの参考書を読んで理解したいです。🤗

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目49ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏



試験までのカウントダウン✨


社会福祉士の試験まで131日
精神保健福祉士の試験まで130日



それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次

注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。




いつも紹介しているQB(問題集)の参考書版です!!
QBとのページ連携していて、わからなかったなら調べることもできます。🤗

1、第1問:2018年度💮社会保障問54📖

(1)問題について📕

社会保障の問54
実施年度:2018年


問題文


事例を読んで、健康保険などに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文


会社員のFさん(35歳、男性)は、健康保険の被保険者であり、妻のGさん(33歳)と同居している。GさんはFさんの加入する健康保険の被扶養者である。ある休日、FさんはGさんを同乗させ、自家用車を運転して行楽に出掛ける途中、誤ってガードレールに衝突する自損事故を起こし、二人ともケガをしたので、治療のため病院に行った。


選択肢


1.Gさんがパートで働いており、仕事を休む場合、Gさんは傷病手当金を受けられる。


2.事故はFさんの過失によるものなので、健康保険は適用されず、FさんとGさんは治療費を全額負担しなければならない。


3.事故はFさんの過失によるものなので、Fさんには健康保険が適用されないが、Gさんには治療費について健康保険の給付が行われる。


4.Fさんのケガは、労働者災害補償保険の療養補償給付の対象となる。


5.ケガのため、翌日から連続して会社を休み、その間、給与の支払がなかった場合、Fさんは休業4日目から傷病手当金を受けられる。






















正解は5!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.Gさん(妻)はFさんの健康保険の被扶養者であるため傷病手当ては受けられない。
2.故意による事故なら制限される可能性もあるが、過失はFさんもGさんも健康保険の対象となる。
3.2と同じ理由でFさんもGさんも健康保険の対象となる。
4.傷病手当金は、労務災害で負った疾病や負傷を処置する必要な養療に対する給付です。
なのでこの事例のような休日や行楽中は対象となりません。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、更に詳しい解説で更に強化して覚えておきたいですね。🤗


2、第2問:社会保障問50📖

(1)問題について📕


社会保障の問50
実施年度:2018年


問題文


日本における社会保険と民間保険に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.生命保険など民間保険の保険料が、所得税の所得控除の対象になることはない。


2.社会保険では、各個人が自由に制度に加入・脱退することは認められていない。


3.民間保険には低所得者に対する保険料の減免制度がある。


4.民間保険では、加入者の保険料は均一でなければならない。


5.社会保険は、各被保険者の保険料とそれにより受け取るべき給付の期待値が一致するように設計されなければならない。
























正解は2!


(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.民間保険では所得控除がある。
3.社会保険には免除があります。
しかし、民間はありません。
4.個人で違うから均一にはならない?!
5.この選択肢の説明は民間保険です。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、間違えや正解の理由や補足の説明などを理化して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:社会保障問49📖

(1)問題について📕


社会保障の問49
実施年度:2018年


問題文


社会保険制度の財源に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.健康保険の給付費に対する国庫補助はない。


2.労働者災害補償保険に要する費用は、事業主と労働者の保険料で賄われている。


3.老齢基礎年金は、給付に要する費用の3分の2が国庫負担で賄われている。


4.介護保険の給付財源は、利用者負担を除き、都道府県が4分の1を負担している。


5.雇用保険育児休業給付金及び介護休業給付金に対する国庫負担がある。
























正解は5!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱

1.健康保険の費用は患者の一部負担と国庫負担?!
2.労働者災害補償保険の保険料はすべて雇用主の保険料?!
3.4.具体的な負担割合はわからなかったけどなんとなく違う?!


これらを理由に間違えを見極めました。


5が正解だとわかったので3と4は選びませんでした。

なのでもう一度赤マルの解説を読んで、3と4の負担割合の具体的な数字をしっかり覚えておきたいですね。🤗


もちろん他の選択肢も詳しい解説で強化して覚えておきたいですね。👏



4、第4問:社会保障問51📖

(1)問題について📕


社会保障の問51
実施年度:2018年


問題文


事例を読んで、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文

Dさん(45歳)は、正社員として民間会社に勤務している。Dさんの父親Eさんが脳梗塞で倒れ、常時介護を必要とする状態になり、要介護4の認定を受けた。


選択肢


1.Eさんが75歳以上の後期高齢者の場合、Eさんの介護保険の利用者負担は減免の対象となる。

2.Dさんが法定の介護休業制度を利用し、賃金が支払われなかった場合、雇用保険の介護休業給付金を受給することができる。

3.Eさんの介護保険の利用者負担が高額介護サービス費の一定の上限額を超過した場合、追加の利用者負担が求められる。


4.Eさんが介護保険の居宅サービスを利用する場合、保険給付の区分支給限度基準額は、Eさんの所得に応じて決定される。


5.DさんがEさんの介護のために短時間勤務に切り替え、収入が従前よりも低下した場合、労働者災害補償保険から特別障害者手当が支給される。

























正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃

一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


1.介護保険の利用者負担は同一世帯の合計所得金額によって決まられます。
3.負担の上限を越えると、その越えた分は払い戻しされます。
4.保険給付の区分支給限度基準額は要介護度で決まります。
5.支給されない。


これらを理由に間違えを見極めました。


もう一度赤マルの解説を読んで、各選択肢のさらに詳しいについても覚えておきたいですね。🤗


詳しい解説はこちら\(^-^)/

問54&50
sw-challenge.hatenablog.com

問49&51
sw-challenge.hatenablog.com



ここで一息!( ☆∀☆)


大阪で有名なりくろーおじさんのチーズケーキです。
勉強の一息やちょっとした手土産にいかがですか。(^-^)/

一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目48ー3

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次

注意事項⚠️

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。



1、第7問:2019年度💮社会保障問53📖

(1)問題について📕


社会保障の問53
実施年度:2019年


問題文


医療保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.協会けんぽ全国健康保険協会管掌健康保険)の給付費に対し、国は補助を行っていない。


2.健康保険組合の保険料は、都道府県ごとに一律となっている。


3.都道府県は、当該都道府県内の市町村とともに国民健康保険を行う。


4.後期高齢者医療制度には、75歳以上の全国民が加入する。


5.後期高齢者の医療費は、後期高齢者の保険料と公費で折半して負担する。



















正解は3!

(2)結果💯

間違えました。
4を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃

一回目はあっていたのに今回は間違えました。(T_T)

 

もう一度赤マルの解説を見直して覚え直しておきたいです!

 

そして次回は正解したいです。

(4)感想📱


1.なんぼか覚えていなかったけど、なんぼかは国が支援している。
2.何%かは各都道府県によって違う。
5.現役世代からも含まれています。


4は対象の障害で例外の65歳からのやつを少しど忘れしていて間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、数字や度忘れした所を理解して覚えておきたいですね。🤗
もちろんわかった所もきちんとした理由を覚えておきたいですね。(^-^)/

2、第8問:社会保障問55📖

(1)問題について📕

社会保障の問55
実施年度:2019年


問題文


事例を読んで、適切なものを2つ選びなさい。


事例文


Fさん(65歳、女性)は、22歳からアパレル関係の大企業で正社員として働き、厚生年金にも加入していた。その後会社員の夫と結婚し、35歳の時に退職して専業主婦になった。48歳の時に個人事業主として手芸店を開き、現在ではかなりの事業収入を得ている。


選択肢


1.Fさんが大企業で働いて厚生年金に加入していた時には、給与の額にかかわらず毎月定額の保険料を支払っていた。


2.Fさんは通算して10年以上年金制度に加入しているので、老齢基礎年金を受給できる。


3.Fさんが専業主婦であった期間は、Fさん自身が国民年金の保険料を納付する必要はない。


4.Fさんは、事業収入に応じた年金保険料を支払わなければならない。


5.Fさんは65歳なので老齢厚生年金を受給できるが、事業収入が基準を超える場合は年金額が減額される。






















正解は2と3!

(2)結果💯


間違えました。
3は選べました。
5を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱


1.給料の額によってかわります。


あとはがちでよくわからなかったのでなんとなくこれかな?と選んで間違えました。


なので、もう一度赤マルの解説をしっかり読んで各選択肢の間違えている&合っている理由をきちんと理解して覚えておきたいですね。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/

問53
sw-challenge.hatenablog.com

問55
sw-challenge.hatenablog.com


3、まとめ✏️

高齢者に対する支援と介護保険制度の2013年度の1問と社会保障の2019年度の7問の計8問について勉強&考察をしました。👏


今日は6問間違えました。🤔

社会保障の保険医療や年金制度や歴史など覚えていなかったら解けない問題をあまりほとんど覚えていなくて、間違えました。(^_^;)))

なのでもう一度赤マルの解説をしっかり読んで、制度をきちんと理解して少しずつ覚えておきたいです!


もちろん正解した所も少し怪しいのでそのへんもしっかり読んで、強化をしておきたいです!



少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️


もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸


今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋

番外編🌹

今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!📃
良かったら、読んでくださいね🎵


前半

sw-challenge.hatenablog.com


中盤

sw-challenge.hatenablog.com



この本を参考に解説を読んでもわからなかったら参考にします!!

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目48ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。



今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次


注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。


1、第4問:2019年度💮社会保障の問52📖

(1)問題について📕


社会保障の問52
実施年度:2019年


問題文


遺族年金に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.死亡した被保険者の子が受給権を取得した遺族基礎年金は、その子が婚姻した場合でも引き続き受給できる。


2.遺族厚生年金の額は、死亡した者の老齢基礎年金の額の2分の1である。


3.受給権を取得した時に、30歳未満で子のいない妻には、当該遺族厚生年金が10年間支給される。


4.遺族基礎年金は、死亡した被保険者の孫にも支給される。


5.死亡した被保険者の子が受給権を取得した遺族基礎年金は、生計を同じくするその子の父または母がある間は支給停止される。





















正解は5!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!


(4)感想📱


1.子供が結婚した場合はその給付の権利を失います。
3.30歳未満で子供がいないときには5年間支給されます。
4.どの範囲までかわからんかったけど孫まではいかない?!

2は支給額についてあまり覚えていなくて5と迷って間違えました。


なのでもう一度赤マルの解説を読んで、2の支給額と他の選択肢の間違えなどをしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


2、第5問:社会保障問49📖

(1)問題について📕


社会保障の問49
実施年度:2019年


問題文

日本の社会保障制度の歴史的展開に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.1972年(昭和47年)に児童手当法が施行され、事前の保険料の拠出が受給要件とされた。


2.1983年(昭和58年)に老人保健制度が施行され、後期高齢者医療制度が導入された。


3.1950年(昭和25年)の社会保障制度審議会の勧告では、日本の社会保障制度は租税を財源とする社会扶助制度を中心に充実すべきとされた。


4.1995年(平成7年)の社会保障制度審議会の勧告で、介護サービスの供給制度の運用に要する財源は、公的介護保険を基盤にすべきと提言された。


5.1961年(昭和36年)に国民皆保険が実施され、全国民共通の医療保険制度への加入が義務づけられた。




















正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
5を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!

(4)感想📱

2.後期高齢者医療制度は2000年以降なのはわかったけど具体的な年まで覚えていなかったです。
3.社会保障制度は租税で賄われているのではなく、公的や保険で賄われている。

5は国民保険とか健康保険とかに別れているのんわかっていたのになぜか選べでしまいました。


1もあまりよく分かりませんでした。


なので、もう一度赤マルの解説を読んで、1や5はの間違えの理由や他の選択肢の解説もしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第6問:社会保障問54📖

(1)問題について📕


社会保障の問54
実施年度:2019年

問題文

事例を読んで、子育て支援などに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


事例文

会社員のDさん(32歳、男性)と自営業を営むEさん(30歳、女性)の夫婦は、間もなく第1子の出産予定日を迎えようとしている。Dさんは、厚生年金と健康保険の被保険者で、Eさんは国民年金国民健康保険の被保険者である。

選択肢


1.Dさん夫妻の第1子の医療保険給付の一部負担は、義務教育就学前までは3割である。


2.Dさんが育児休業を取得する場合、健康保険から育児休業給付金が支給される。


3.Dさん夫妻の第1子が3歳に満たない期間については、月額2万円の児童手当が給付される。


4.Eさんは、「産前産後期間」の間も国民年金の保険料を支払わなければならない。

5.Eさんが出産したときは、国民健康保険から出産育児一時金が支払われる。


















正解は5!

(2)結果💯

間違えました。
4を選んでしまいました。

(3)前回との比較的!📃


一回目も間違えました。

 

違う選択肢を選んで間違えました。!Σ( ̄□ ̄;)

 

次回はきちんと理解して正解したいです!


(4)感想📱


1.就学前までの子供の負担は2割です。
2.Dさんがとる場合は雇用保険からです。
3.具体的な金額は覚えていなかったけど、2万円ではなさそう?!


4の免除について覚えていなかったので5と迷って選んでしまいました。



なので、もう一度赤マルの解説を読んで3の金額や4の免除などを特にしっかり理解して覚えておきたいですね。🤗


もちろん他の選択肢についても赤マルの解説を読んでさらに詳しいことも覚えておきたいですね。(^-^)/


詳しい解説はこちら\(^-^)/


問52&49&54
sw-challenge.hatenablog.com



休憩タイム!!🎵

社会福祉士の試験勉強などの資格勉強やテレワークや家事の合間などの休憩に甘い~コーヒー!で一息しませんか?

一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目48ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


試験までのカウントダウン✨


社会福祉士の試験まで132日
精神保健福祉士の試験まで131日




それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次

注意事項⚠️



赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。



わからないところはこの参考書を参考に過去の記事に追加します。🎵

1、第1問:2013年度💮高齢者問131📖

(1)問題について📕


高齢者に対する支援と介護保険制度の問131
実施年度:2013年



問題文


事例を読んで、安全で自立した生活を送るための住環境整備の考え方として、適切なものを2つ選びなさい。


事例文


Bさん(74歳、男性)は、脳血管障害による麻痺(まひ)が残っている。介護老人保健施設に入所中だが、自宅へ帰ることになったため、自宅の住環境整備を検討することになった。現在、ベッドから起き上がり、杖をついてゆっくりと歩行することが可能となっている。また、認知症もない。自宅での介護者は妻(72歳)である。


選択肢


1.浴室と脱衣所は、ヒートショックが起こらないように工夫する。


2.玄関に、腰かけを設置する。


3.廊下の手すりは、L字型が望ましい。


4.日当たりのよい2階を寝室にする。


5.移動用リフトを設置する。


























正解は1と2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


3.L字の手すりはトイレに向いています。
玄関は横手すり?!
4.二階に寝る部屋にすると避難するときや出かけるときに階段からの転落などの可能性があります。
なので1階。
5.移動用リフトは車イスを使用するなど歩行困難なときに使います。(この場合は不要?)
少しでも歩けるなら杖などを使います。


これらを理由に間違えを見極めました。

 
もう一度各選択肢の赤マルの解説を読んでさらに詳しい解説で理解を深めておきたいですね。🤗

(5)この科目の現在の習熟度について🍀


45%になりました。👏


途中ですが、この科目の2周目を終えたので次の問題よりに共通科目の社会保障に入ります。✨



詳しい解説はこちら\(^-^)/


問131
sw-challenge.hatenablog.com


2、第2問:ここから2019年度💮社会保障問51

(1)問題について📕


社会保障の問51
実施年度:2019年



問題文


会社に勤めている人が仕事を休業した場合などの社会保障制度上の取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。


選択肢


1.労働者が業務災害による療養のため休業し、賃金を受けられない日が4日以上続く場合は、労働者災害補償保険による休業補償給付を受けられる。


2.育児休業を取得する場合に支給される育児休業給付金は、子どもが3歳になるまでを限度とする。


3.厚生年金の被保険者に病気やケガが発生してから、その症状が固定することなく1年を経過し、一定の障害の状態にある場合は、障害厚生年金を受給できる。


4.育児休業期間中の厚生年金保険料は、被保険者分のみ免除される。


5.健康保険の被保険者が病気やケガのために会社を休んだときは、標準報酬月額の2分の1に相当する額が傷病手当金として支給される。
























正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.子供が1歳と少し(具体的なところまで覚えていない。)か延長で2歳?!
3.1年6か月を経過!
4.事業主と被保険者の負担の免除になります。
5.連続で4日以上休むとき。負担は具体的には覚えていなかったけど、二分の1ではなさそう?!


これらを理由に間違えを見極めました。

 
もう一度5の負担割合や各選択肢の赤マルの解説を読んでさらに詳しい解説で理解を深めておきたいですね。🤗


💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第3問:社会保障問50📖

(1)問題について📕


社会保障の問50
実施年度:2019年


問題文


平成28年社会保障費用統計」(国立社会保障・人口問題研究所)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.2015年度(平成27年度)における社会支出の国際比較によれば、日本の社会支出の対国内総生産比は、フランスよりも高い。


2.2016年度(平成28年度)の社会保障給付費を機能別(「高齢」、「保健医療」、「家族」、「失業」など)にみると、「家族」の割合は1割に満たない。


3.2016年度(平成28年度)の社会保障給付費は、150兆円を超過した。


4.2016年度(乎成28年度)の社会保障財源における公費負担の割合は、社会保険料の割合よりも大きい。


5.2016年度(平成28年度)の社会保障給付費を部門別(「医療」、「年金」、「福祉その他」)にみると、「福祉その他」の割合は1割に満たない。























正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


3.そんなけも無さそう?!
4.社会保険料の方が多い?!
5.なんとなく1割よりも多い。


1はよくわかりませんでしたが、2がそのなんとなくその数字だと覚えていたので正解しました。


なのでもう一度赤マルの解説をしっかり読んで各選択肢の具体的な数字をだいたいでも答えられるように覚えておきたいですね。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/


問51&50
sw-challenge.hatenablog.com





ここで一旦スイーツでもたべて頭のエネルギーをチャージしましょう!!\(^o^)/
たまには高級アイスのハーゲンダッツを食べてみてはいかがですか?!🎵


一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【社会福祉士】赤マル💮勉強!2周目47ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。


今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏


それでは、いってみましょう。(^-^)/


目次


注意事項⚠️


赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

実際の試験の選択肢の番号とは異なります。



わからないところはこの参考書を参考に過去の記事に追加します。🎵

字だけではなく、絵もたくさんあります。

字だけで勉強するのが苦手な方におすすめです!!\(^_^)/



1、第4問:2014年度💮高齢者問133📖

(1)問題について📕


高齢者に対する支援と介護保険制度の問133
実施年度:2014年


問題文



介護保険制度における介護認定審査会に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。



選択肢


1.介護認定審査会の委員は、保健、医療又は福祉に関する学識経験者及び住民を代表する者の中から、市町村長によって任命される。


2.介護認定審査会の審査・判定では、被保険者の要介護状態の軽減又は悪化の防止のために必要な療養に関する事項などの意見を、市町村に述べることができる。


3.介護認定審査会は市町村ごとに設置され、複数の市町村による共同設置は認められていない。


4.介護認定審査会の審査・判定の際には、審査対象の要介護者等を担当する介護支援専門員が出席し、審査・判定に当たっての意見を述べなければならない。


5.介護認定審査会では、一次判定結果を基礎としながら、審査対象の要介護者等が利用している介護サービスの種類や利用回数を加味した上で審査・判定を行う。




















正解は2!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!



(4)感想📱

1.住民を代表とした人はいない?!
3.共同設置をしてもいい。
4.そもそも認定審査会には介護支援専門員は出ない?!
5.主治医の意見や国の基準などを参考にする。


これらを理由に間違えを見極めました。

 
もう一度各選択肢の赤マルの解説を読んでさらに詳しい解説で理解を深めておきたいですね。🤗


2、第5問:高齢者問134📖

(1)問題について📕


高齢者に対する支援と介護保険制度の問134

実施年度:2014年

問題文


地域包括支援センターに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。



選択肢


1.地域包括支援センターは、当該市町村の区域全体を担当圏域として、各市町村に1か所設置することとされている。


2.地域包括支援センターが実施する包括的支援事業とは、総合相談支援業務、権利擁護業務及び介護予防支援をいうものとされている。


3.地域包括支援センターで実施される事業は、介護保険財源からではなく市町村の一般財源により賄われている。


4.市町村は、地域包括支援センターの適切、公正かつ中立な運営を確保するため、地域包括支援センター運営協議会を設置することとされている。


5.地域包括支援センターは、介護予防ケアマネジメント事業として、65歳未満の要支援者が介護予防サービス等を利用できるよう援助することとされている。























正解は4!

(2)結果💯


間違えました。
2を選んでしまいました。

(3)前回との比較!📃


一回目はあっていたのに今回は間違えました。(T_T)

 

もう一度赤マルの解説を見直して覚え直しておきたいです!

 

そして次回は正解したいです。

(4)感想📱


1.人口の規模とかあるので各市町村に1ヶ所とは決められていない。
3.特別会計で賄われている。
5.要支援者か基本チェックリスト該当者とされています。


2はよくわからないで選んでしまいました。


もう一度赤マルの解説を読んで2の間違えの理由と他の選択肢も理解をして覚えておきたいですね。🤗


詳しく解説はこちら\(^-^)/


問133

sw-challenge.hatenablog.com



問134

sw-challenge.hatenablog.com



💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

3、第6問:ここから2013年度💮高齢者問130📖

(1)問題について📕


高齢者に対する支援と介護保険制度の問130
実施年度:2013年


問題文


片麻痺(まひ)の高齢者に対する介護の方法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。


選択肢


1.端座位から車いすへの移乗の際、車いすは左側に置く。


2.上着は、右手から脱いでもらう。


3.食事介助は、右口角から食べ物を入れる。


4.利用者が浴槽へ入る際、右足から入れるようにする。


5.杖歩行の際は、左後方から支える。























正解は1!

(2)結果💯


正解しました。

(3)前回との比較!📃


一回目も正解しています。(^^)v

 

なのでそのまま次回(テストモードで)まで覚えておきたいです!

(4)感想📱


2.脱ぐときは麻痺がない(この場合左)から。
着るときは逆で麻痺がある(この場合は右)から。
3.麻痺がある方に食べ物をいれると飲み込めない可能性があるので麻痺がない(この場合は左から)方から。
4.麻痺がある方から浴槽に入ろうとすると、踏ん張る力がないので困難になる可能性があります。なので麻痺がない方(この場合左から)から入れます。
5.麻痺がない方は杖があるので麻痺(この場合右)がある方の後方から支援すると安定します。


これらを理由に間違えを見極めました。

 
もう一度各選択肢の赤マルの解説を読んでさらに詳しい解説で理解を深めておきたいですね。🤗



詳しい解説はこちら\(^-^)/


問130

sw-challenge.hatenablog.com




4、まとめ✏️


高齢者に対する支援と介護保険制度の2014年度の5問と2013年度の1問の計6問について勉強&考察をしました。👏


今日は1問間違えました。🤔


地域包括支援センターの業務やについて少し覚えていなかった所があったので間違えました。(^_^;)))


なのでもう一度赤マルの解説をしっかり読んで地域包括支援センターの業務や設置など詳しい内容のことを理解して覚えておきたいです!


もちろん正解した所も感想以外の詳しい内容や感想でかけなかった所もありました。

そういう所もきちんと理解してかけるように覚えておきたいです!



少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️


もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸




今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
また、次のブログで会いましょう。🙋


番外編🌹


今日の私の赤マル勉強方法のおさらい!

良かったら、読んでくださいね。🎵


前半

sw-challenge.hatenablog.com