令和3年国家試験社会福祉士にchallenge!

令和3年の社会福祉士に初受験、再受験のあなたへ。私と一緒に合格を目指しませんか?勉強方法や不安など共感、サポートできるブログを目指します。

【社会福祉士】赤マル💮勉強方法をご紹介84ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏 

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

注意事項⚠️

 

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

詳しい解説は、赤マルサイトで見て下さい。

実際の試験の選択肢とは異なります。

 

1、第4問:現代社会問26📖

 

(1)問題について📕

 

現代社会と福祉の問26

実習年度:2019年

 

問題文

 

1973年(昭和48年)の「福祉元年」に実施した福祉政策に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.老人家庭奉仕員派遣事業が法制化された。


2.老人医療費支給制度を実施して、60歳以上の医療費を無料にした。


3.標準報酬の再評価を行い、厚生年金では「9万円年金」を実現した。


4.被用者保険における家族療養費制度を導入した。


5.年金の給付水準を調整するために物価スライド制を導入した。

 

正解は5!

 

(2)解説🖍️

 

1.老人家庭奉仕員事業は1962年です。また、老人福祉法のなかに入っています。

なので、1973年に制定されていません。

2.老人医療費支給制度の実施は1973年です。

しかし、基本的には70歳以上の者とされ、寝たきりなどの場合は65歳以上の者とされていました。

なので、60歳ではありません。

3.厚生年金の実現の年は1973年であっていますが、金額は5万円です。

なので、9万円ではありません。

4.1973年に導入されたのは高額療養費制度です。

なので、家族療養費制度ではありません。

 

(3)ポイント✏️  

 

正解の選択肢について

物価スライド制を導入した理由について。

 

不正解の選択肢について

老人家庭奉仕員事業は何の法律で成り立っているのかといつできたのかについて。

老人医療費支給制度の料金・その対象の年齢といつできたのかについて。

厚生年金の実現はいつできたのかとその金額について。

 

1973年に何を導入したのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

間違えました。

4を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

1は年代が違うかな?となんとなく分かりました。また、2も赤マルの解説のような理由だとわかっていました。

4か5で迷いました。

3については全くわかりませんでした。

 

なので、赤マルの解説ポイントで書いたようなことをしっかり読んで覚えておきたいですね。🤗

 

2、第5問:現代社会問25📖

 

(1)問題について📕

 

現代社会と福祉の問25

実習年度:2019年

 

問題文

 

ベヴァリッジ報告」に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.福祉サービスの供給主体を多元化し、民間非営利団体を積極的に活用するように勧告した。


2.ソーシャルワーカーの養成・研修コースを開設して、専門性を高めるように勧告した。


3.衛生・安全、労働時間、賃金、教育で構成されるナショナル・ミニマムという考え方を示した。


4.社会保障計画は、社会保険、国民扶助、任意保険という三つの方法で構成されるという考え方を示した。


5.従来の社会民主主義とも新自由主義とも異なる「第三の道」路線を選択するように勧告した。

 

正解は4!

 

(2)解説🖍️

 

1.ベブリッジ報告とは、社会保険及び関連諸サービスのことです。

また、均一拠出・均一給付を主とした社会保障の案はナショナル・ミニマムの考え方です。

2.この選択肢のソーシャルワーカーの養成・研修コースを開設して、専門性を高めると言ったことをベブリッジ報告では提案されていません。

3.ナショナル・ミニマムとは、国が最低限度の条件を定めて実施するという理念です。

このナショナル・ミニマムが出たのは、ウェッブ夫妻の著書の中の産業民主制論です。

なので、ベブリッジ報告の時ではありません。

5.第三の道は、イギリス労働党のブレア政権が提唱したものです。

なので、ベブリッジ報告の時ではありません。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

選択肢にも書かれている社会保障計画の3つの考え方について。

 

不正解の選択肢について

ベヴァリッジ報告の考え方とナショナル・ミニマムの考え方の違いについて。

ナショナル・ミニマムの考え方についてとその考えを誰が考えたのかについて。

第三の道とはどういう考え方なのかと誰が考えたのかについて。

 

 

(4)結果💯

 

間違えました。

3を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

5のやつの第3の道はブレア政権って知っていたので選びませんでした。

 

でもあとの他の選択肢は全く覚えていなかったので、適当に選んで間違えました。🤔

 

なので、赤マルの解説ポイントで書いたようなことをしっかり読んで知識を少しずつ身につけていけるように覚えておきたいですね。🤗

 

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

 

3、まとめ✏️

 

現代社会と福祉の2019年度の5問について勉強&考察をしました。👏

 

今日は3問間違えました。📝

 

現代社会は過去の歴史や外国の歴史から最近出来たばかりの制度など流れや最新の情報を覚えておかないといけないため、かなり覚える量が多いです。なので少しずつ赤マルの解説やポイントなどで覚えておきたいです!✨

 

少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️

 

もしよろしければ、読書のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸

 

今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次のブログで会いましょう。🙋

 

番外編🌹

 

前半の私の赤マル勉強方法を載せておきます。👏

良かったら、読んでくださいね🎵

 

sw-challenge.hatenablog.com

 

 

【社会福祉士】赤マル💮勉強方法をご紹介84ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

注意事項⚠️

 

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

詳しい解説は、赤マルサイトで見て下さい。

実際の試験の選択肢とは異なります。

 

1、第1問:2019年度💮現代社会問27📖

 

(1)問題について📕

 

現代社会と福祉の問27

実習年度:2019年

 

問題文

 

「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」(2018年(平成30年)12月、外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議決定)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.外国人への情報提供及び相談を行う一元的な窓口として、厚生労働省の地方厚生局に「多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮)」を設置する。


2.地域における外国人の活躍と共生社会の実現を図る地方公共団体の主体的で先導的な取組のために、社会福祉法人からの寄附金を募る。


3.外国人への行政・生活情報の提供において、個人情報保護の観点からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用は極力避ける

 

4.災害時に避難所等にいる外国人被災者への情報伝達を支援する「災害時外国人支援情報コーディネーター」の養成研修を実施する。


5.公営住宅法に基づき、外国人を含む住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録や住宅情報の提供、居住支援等を促進する。

 

正解は4!

 

(2)解説🖍️

 

1.多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮)を設置するのは都道府県・指定都市や外国人が集住する市町村約100か所です。

なので、厚生労働省の地方厚生局ではありません。

2.「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」では、社会福祉法人からの寄付金を募るということは書かれていません。

3.「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」では、外国人にたいする情報提供などはSNSを使用して対応を推進することも書かれています。

5.この選択肢の外国人を含む住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録や住宅情報の提供、居住支援等を促進するのは住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(住宅セーフティネット法)で規定されています。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

災害時外国人支援情報コーディネーターについてはいつまでにどこが設置するのについて。

 

不正解の選択肢について

多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮)はどこが設置してどれくらいの数があるのかについて。

外国人にたいする情報提供の一つとしてネット(SNS)はどうなのかについて。

外国人を含む住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録や住宅情報の提供などはどの法律が関係するのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

3のSNSはなんとなく活用した方がいいかな?と思ったので間違いだとわかりました。

あとのやつはわからなかったので適当となんとなくこれかな?っと直感で選びました。

 

なので、なぜあっているのか何処が間違えているのかを理解できるように赤マルの解説ポイントで書いたようなことを読んで覚えておきたいですね。🤗

 

2、第2問:現代社会問28📖

 

(1)問題について📕

 

現代社会と福祉の問28

実習年度:2019年

 

問題文

 

国際連合が掲げている「持続可能な開発目標」(SDGs)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

注意文

 

「持続可能な開発目標」(SDGs)とは、2015年の国際連合総会において採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において掲げられた目標である。

 

選択肢

 

1.持続可能な開発の達成には、政府の手を借りることなく民間セクターによる行動が必要とされている。


2.2000年に制定されたミレニアム開発目標(MDGs)の目標を破棄し、それに代わる目標を掲げている


3.経済成長、社会的包摂、人口増加抑制策の調和が、持続可能な開発を達成するために求められている。


4.貧困に終止符を打つとともに、気候変動や環境保護への取組も求めている。


5.目標実現に向けた進捗状況のフォローアップと審査の責任は国際連合にあるとし、独立した国際的専門機関を設置している。

 

正解は4!

 

(2)解説🖍️

 

1.政府や民間セクター、市民社会、国連機関などあらゆる資源を使い取り組みます。

なので、政府の手も借りる必要もあります。

2.「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、ミレニアム開発目標(MDGs)には達成できなかったものを全うしてそれを達成できるように努力することが書かれました。

3.我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダは、経済・社会・環境の三側面を調和させるものです。

なので、人口増加抑制策ではなく、環境です?!

5.「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、各国政府が、国・地域・世界レベルでのフォローアップとしての責任があると書かれました。

なので、国政連合ではなく、各国の政府です?!

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に書かれた取り組みについて。

 

不正解の選択肢について

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の開発の達成にはどこと協力して行うのかについて。

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の目標について。

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の開発を達成の3側面について。

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の責任はどこがとるのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

間違えました。

2を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

うーん。全く「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の取り組みとかそもそもそれなんや?ってなっていました。

 

なので、選択肢や赤マルの解説や赤マルのポイントで書いたようなことを何度も読んだり、解いたりして少しでも理解しておきたいですね。🤗

 

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

 

3、第3問:現代社会問24📖

 

(1)問題について📕

 

現代社会と福祉の問24

実習年度:2019年

 

問題文

 

1950年代から1970年代にかけての社会福祉の理論に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなざい。

 

選択肢

 

1.木田徹郎は、社会事業を、資本主義の維持という側面から、賃金労働の再生産機構における「社会的問題」の緩和・解決の一形式と捉えた。


2.岡村重夫は、生活権を起点に据えた実践論・運動論を組み入れた社会福祉学が総合的に体系化されなければならないと論じた。


3.孝橋正一は、社会福祉の固有の機能を、個人とそれを取り巻く環境との間の不均衡を調整し、環境への適応を促すことと論じた。


4.一番ヶ瀬康子は、政策論よりも援助技術論を重視すべきと論じた。


5.三浦文夫は、政策範躊(はんちゅう)としての社会福祉へのアプローチの方法として、ニード論や供給体制論を展開した。

 

正解は5!

 

(2)解説🖍️

 

1.木田徹朗は「社会福祉概論」や「社会福祉事業」を著し、専門社会事業の行動体系である専門の技術としました。

2.社会関係を通して社会生活の基本的欲求を満たし、その過程を社会生活としました。

3.孝橋正一は、社会政策と社会事業の関連を統一的に説明するために、社会問題と社会的問題を区別して論じました。

4.一番ヶ瀬康子は、社会の福祉を目的としました。また、目的を実現するための手段としての政策・制度・活動としました。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

三浦文夫のニードの種類とその唱えた理論について。

 

不正解の選択肢について

木田徹朗は何を著し、論じたことについて。

岡村重夫はどんなにことを考えてその理論に辿りついたのかについて。

孝橋正一はどんなことを考え、社会的問題について考えたかについて。

一番ヶ瀬康子は、何を目的にし、その目的の内容について。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

三浦文夫=ニードって知ってましたが、これ以外全くわかりませんでした。まあ、ほぼ勘って感じですが。

 

また、少し解説が難しかったので何をいっているのか少しわかりずらかったので、また参考書を買ったら確かめたいと思います。

 

もちろん赤マルの解説もいつかはわかるかもしれないので、何回もよんで少しでも理解したいなと思っています。🤗

 

一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

 

【実習を乗り越えよう!👩‍💼】事前学習(在宅支援の実習について📕)

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回は久しぶりに実習の事前学習についてご紹介します。👏

 

今日は高齢者分野の中でも在宅支援サービスについてご紹介します。🤔

わたしは体験してませんが、やる施設があると言うことで実習報告書を参考に私が思ったことを書いていきたいと思います。

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

 

0、事前学習の今までのブログはこちら!

特別養護老人ホームの事前学習

 

sw-challenge.hatenablog.com

地域包括支援センターの事前学習はこちら!

 

sw-challenge.hatenablog.com

 

 

 

 

1、在宅支援とは?🤔

 

在宅支援は要するに家で生活するにあたってどうすれば安全でその人にとって家での生活をその人らしく生活できるのかを考える支援です。

実習先によりますが、居宅介護支援事業所や居宅介護支援センターなどといいます。

 

2、どんな活動をしているのか?

 

(1)介護保険の申請とサービスの相談🤗

 

在宅支援を受けるにも介護保険の申請が必要です。

その申請のための手続きを行うのを手伝うのも在宅支援事業所の役割です。

 

また、介護保険の申請をしたあとも。

どんな在宅のサービスがあるのかを紹介するとともにその利用する人が何のサービスを受けたいのかを聞き取りながら決めていきます。

 

これをまとめたものを在宅介護のケアプランといいます。

 

(2)訪問活動✨

 

また実際にそのサービスの利用が適切ではあるのかを確かめます。

実際にその利用している人の自宅などを訪問して聞き取とり、サービスを利用している所も確認したりします。

 

 

(3)認定の再認定とケアプランの見直し📝

 

介護保険の期間は一年に一回(最初は6か月)とされています。

このため一年に一回は認定の再認定を受けなればなりません。  

この再認定を行うのも在宅介護支援事業の役割です。

 

また、介護保険の認定の再認定を受けたら、もちろんケアプランも見直しされます。

 

3、サービスの内容(一部ご紹介)🤱

 

(1)訪問介護サービス(いわゆるホームヘルプサービス)✨

 

ホームヘルパーがそのサービスを利用してる人の家に行って、買い物・料理・洗濯・排泄などの生活支援を行います。

 

(2)訪問入浴介護✨

 

これは字のごとく利用されている人の家に行って入浴をお手伝いすることです。

 

また、デイサービスなどの施設などを利用することができない人でその事業所から特別な浴槽を持ってきて2、3人で入浴をします。

 

また、お風呂がどうしても入れない人は体をふくだけの清拭(せいしき)ということも行われます。

 

(3)訪問看護サービス✨

 

医者や看護士がその利用している人の家に行って診断をしたり、栄養などの指導などを行います。

 

(4)訪問リハビリ

 

医者の指示などを受ける必要があります。

 

寝たきり予防のためにベッドからの離床促進・寝返り・起き上がり・歩行などの訓練やマッサージなどを行います。

 

🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒

 

4、どんなにことを調べてたらいいのか?🤔

 

(1)介護保険の申請の手続き

 

居宅のサービスの最初の介護保険の申請のやり方は絶対に覚えておきましょう。👏

また、介護度についても覚えておきましょう。

 

もちろん再認定についても覚えておきましょう。

 

(2)訪問する地域をある程度覚えておきましょう

 

実習中にその担当している事業所の地域を担当者と訪問するかもしれないのでその事業所が担当している地域の地区とかは覚えておくといいかもしれませんね。

 

(3)何のサービスがあるのかを調べる

 

3でかいた以外のサービスやその事業所の独自のサービスがあると思うのでそれをその実習先のホームページなどで調べてどんなサービスなのかを知っておきましょう。👏

 

 

(4)その他

 

その他にどんな事業があるのかをホームページなどで調べてそれらの事業の中身などをある程度覚えておきましょう。👏

 

5、まとめ✏️

 

今回は在宅介護支援事業の実習についてどんな活動しているのかやサービスの内容(一部)についてご紹介しました。

 

また、どんなことを調べてたらよいのかも少しご紹介しました。🙋

 

それを元に事前学習を行うための参考やヒントにしていただけたら嬉しいです。🌸

 

次回は社会福祉協議会の事前学習(これも実習報告書を参考にしますが。)についてご紹介したいと思います。

 

気になった人はそれも見ていただけたらと思っています。📝

よろしくお願いしますね。🤗

 

今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次のブログで会いましょう。🙋

 

【社会福祉士】赤マル💮勉強方法をご紹介83ー2

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

注意事項⚠️

 

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

詳しい解説は、赤マルサイトで見て下さい。

実際の試験の選択肢とは異なります。

 

1、第4問:2013年度💮地域福祉問40📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問40

実施年度:2013年

 

問題文

 

地域福祉におけるニーズ把握に関する次の記述のうち、より適切なものを2つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.住民全体のニーズを把握するために、インターネットで質問に回答してもらうことで、量的に幅広く住民のニーズ把握をすることにした。


2.子育てに関する個別具体的なニーズを把握するために、一部の回答者のニーズが強調されすぎるため聞き取り調査は避けて、質問紙調査で全体のニーズを把握した。


3.生活上のニーズを把握するために、認知症高齢者の家族から状況を聞き取り、KJ法を応用して意見を集約した。


4.在宅で暮らす高齢者の潜在的なニーズを把握するために、ふれあい・いきいきサロン活動に参加し、活動の合間に参加者から話を聞いた。


5.在宅介護を受けている認知症高齢者のニーズを把握するために、本人を対象としてアクション・リサーチの方法を用いて調査した。

 

正解は3と4!

 

(2)解説🖍️

 

1.インターネット調査方法は住民のインターネット環境やパソコンができるのかによって回答者が答えられない場合もあります。

このため、郵送で質問したり、面接方法などの組み合わせて調査を行います。

2.ニーズを把握するために、一部の回答者のニーズが強調されすぎないように注意することは適切です。

しかし、聞き取り調査を行うことも場合によっては有効なこともあるので避ける必要はありません。

5.アクションリサーチとは実践活動とその効果を客観的に分析・評価し、実践活動の改善を行う調査研究方法です。

ニーズ把握のように質的な福祉ニーズ把握には適切ではありません。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

KJ法のやり方とそのKJ法の向いている理由について。

潜在的ニーズを把握する方法やその際の注意点について。

 

不正解の選択肢について

なぜインターネットだけでの調査だとダメなのかについて。

ニーズ調査の方法でなぜ聞き取り調査もするメリットについて。

アクションリサーチとは何かとなぜこの事例では適切ではないのかの理由について。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

間違えました。

3は選べました。

5を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

インターネットが使えない人を思うと1は絶対に違う?2もなんか違うような感じがすると思って選びませんでした。

 

ほんで3は絶対やけど4か5で迷いました。また、アクションリサーチについて覚えていなくて、適当に答えて間違えました。

 

なので、5の間違いとアクションについてと他の選択肢もあっている理由や間違えている理由を言えるように赤マルの解説ポイントで書いたようなことを読んで覚えておきたいですね。🤗

 

2、第5問:地域福祉問41📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問41

実施年度:2013年

 

問題文

 

地域における福祉サービス等の評価に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.福祉サービス第三者評価では、法人の理念は評価対象とされていない。


2.介護保険事業においても、社会福祉法で規定される福祉サービスの第三者評価を受けることが義務づけられている


3.社会福祉法によると、社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の評価を行うこととされている。


4.保育所の福祉サービス第三者評価結果の公表は、義務化されている。


5.福祉サービス第三者評価事業を行う評価者は、国が設立する第三者評価機関の認証が必要である。

 

正解は3!

 

(2)解説🖍️

 

1.法人や事業所の理念が明文化されているかも評価対象としています。

2.自己評価の実施等によって自らの提供する福祉サービスの質の向上に努めなければならないとされています。

評価は任意とされています。

4.評価結果は事業者の同意を得て公表されます。

同意を得れない場合は公表しないということかな?

5.評価は各都道府県に設置される福祉サービス第三者評価事業推進組織の認証を受けた福祉サービス第三者評価機関が行います。

なので、国ではありません。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

社会福祉法の評価はどこがやってその評価で何を考えるのかについて。

 

不正解の選択肢について

理念についての評価とそれ以外に費用されるのは何かについて。

介護保険事業の評価の義務か任意かについて。

保育所の第3者評価からの評価についての公表について。

福祉サービス第三者評価事業を行う評価者はどこが設置する第三者評価機関の認証を得ないといけないのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

間違えました。

5を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

1は理念も評価されることは知っていて選びませんでしたが、あとのやつは全く覚えておきたいので、適切に答えて間違えました。

 

なので、赤マルの解説ポイントで書いたようなことをしっかり読んで少しずつ覚えておきたいですね。🤗

 

 

(6)この科目の現在の実施度について✨

 

100%になりました。👏  

笑顔のないお花から笑顔の素敵なお花が咲きました。💮

 

よって次のブログより14番目の共通科目の現代社会と福祉に入ります。👏

 

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

 

3、まとめ✏️

 

地域福祉の理論と方法の2013年度の5問について勉強&考察をしました。👏

 

今日は3問間違えました。🤔

 

用語や地域のサービスについてまだまだ覚えていなくて間違えました。

なので、しっかりと赤マルの解説を読んで少しずつでも覚えておきたいです!

 

なかなか地域福祉は用語とか制度など難しいので解説を書くのが難しかったり、自分の理解するのに時間がかかってであまり思ったよりも進まなかったです。✨

 

少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️

 

もしよろしければ、読書のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸

 

今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次のブログで会いましょう。🙋

 

番外編🌹

 

前半の私の赤マル勉強方法を載せておきます。👏

良かったら、読んでくださいね🎵

 

sw-challenge.hatenablog.com

 

 

 

【社会福祉士】赤マル💮勉強方法をご紹介83ー1

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回も私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

注意事項⚠️

 

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

詳しい解説は、赤マルサイトで見て下さい。

実際の試験の選択肢とは異なります。

 

1、第1問:2013年度💮地域福祉問33📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問33

実施年度:2013年

 

問題文

 

地域福祉の発展過程に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.スラム地区などにおいて隣保館が普及したことが、隣保相扶を強調する恤救規則(じゅっきゅうきそく)の制定につながった。


2.岡山県知事の笠井信一が創設した済世顧問制度は、石井十次による岡山孤児院での取組を参考にして制度化された。

 

3.近代日本の代表的な労働運動家である片山潜が、東京の神田に開設した善隣館は、日本における友愛訪問活動の代表的な事例の一つである。


4.民間の篤志家が個別的援助と社会測量を行う方面委員制度は、小河滋次郎がドイツのエルバーフェルト制度を参考に考案した制度とされている。

 

5.慈善事業を組織化した中央慈善協会は、当時の慈善救済活動の調査や団体相互の連絡などを行い、現在の共同募金会の源流とされている。

 

正解は4!

 

(2)解説🖍️

 

1.恤救規則(じゅっきゅうきそく)は親族や家族ではどうしても扶養できず、身寄りのない貧困者を最終的に救済する国の制度です。

一方隣保館は、労働者の制度・環境の改良・整備などを目的としたセツルメント運動です。

2.済世顧問制度はドイツのエルバーフェルト市の救貧委員制度を参考にしたものです。

なので、石井十次による岡山孤児院を参考にしたのではありません。

3.東京の神田三崎町に開設したのは片山潜のキングスレー・ホールです。 

なお、善隣館は石川県に設置され、地域福祉を主としています。

5.中央慈善協会は現在の全国社会福祉協議会の組織の源流とされています。

なので、共同募金会ではありません。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

方面委員制度は誰の協力で出来て、何を参考にして何を主な活動としたのかについて。

 

不正解の選択肢について

恤救規則とはどういう制度か隣保館の主な活動とは何かについて。

済世顧問制度は何を参考にしてできたのかについて。

片山潜がどこで何を開設したのかや善隣館は何を目的にどこで創設したのかについて。

中央慈善協会はどんな業務があったのか現在ではどういう組織になっているのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

なんとなく解説のような理由で間違えていると思ったのできちんと4番を選ぶことができました。

 

善隣館の場所だけちょっとわからなかったので赤マルの解説でどこにあるのかを理解しておきたいですね。🤔

 

また、他の選択肢もなんとなくなので確実な自信がなかったので赤マルの解説ポイントで書いたようなことをもう一度読んで確実に覚えておきたいですね。🤗

 

2、第2問:地域福祉問36📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問36

実施年度:2013年

 

問題文

 

社会福祉法における地域福祉に関係する規定についての次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.福祉サービスの利用に際して苦情があるとき、利用者は都道府県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができるとされている。


2.地域福祉計画の策定に当たっては、要援護者への意見聴取をしなければならないと規定されている。


3.共同募金において寄附金を募集する区域は都道府県を単位とし、募集期間は都道府県知事が定めるとされている。

 

4.市町村社会福祉協議会の業務は、「社会福祉を目的とする事業の企画及び実施」や「社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助」であり、「社会福祉を目的とする事業の調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成」は含まれない

 

5.地域住民には、「社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者」の事業や活動を代替する役割があると規定されている。

 

正解は1!

 

(2)解説🖍️

 

2.市町村地域福祉計画策定では住民、社会福祉を目的の事業を経営者その他社会福祉に関する活動者の意見を反映し、必要な措置に努めないといけません。

要援護者とは限りません。

3.区域の単位は都道府県ですが、期間の設定は構成労働大臣です。

4.市町村社会福祉協議会の業務のなかに、社会福祉を目的とする事業の調査・普及・宣伝・連絡・調整及び助成も入っています。

5.地域住民・社会福祉を目的とする事業を経営者及び社会福祉に関する活動者は、相互に協力しないといけません。

なので、代替ではありません。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

都道府県社会福祉協議会の苦情受付やサービス事業などの業務について。

 

不正解の選択肢について

 

市町村地域福祉計画策定するのにどんな機関や地域住民に意見を聞くのかについて。

共同募金のどこを単位としているのか、募金期間はどこが決めるのかについて。

市町村社会福祉協議会の業務について(4つ)。

社会福祉法の地域住民や関係機関との関わり方について規定されていること。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

間違えました。

3を選んでしまいました。

 

(5)感想📱

 

明らかに5の代替すると4の文書は間違えていることをわかりましたが、後の選択肢はほとんど間違えていのがわからなかったので適当に選んで間違えました。🤔

 

なので、赤マルの解説ポイントで書いたようなことを読んでおきたいですね。🤗

 

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

 

 

3、第3問:地域福祉問34📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問34

実施年度:2013年

 

問題文

 

事例を読んで、地域福祉を推進する役割を担う社会福祉協議会のH福祉活動専門員のとる行動として、適切なものを2つ選びなさい。

 

事例文

 

U町では、幹線道路沿いに大型のスーパーマーケットができたために、町内唯一の生鮮食料品を扱う商店が閉店し、高齢者を中心に買物に困っている住民が多くいるとの声が社会福祉協議会に寄せられるようになった。そこでH福祉活動専門員は、対応策を検討することにした。

 

選択肢

 

1.買物に不自由しているとはいえ私的な事柄なので、それぞれの家族・親族に任せる


2.買物支援を目的として生活援助を受けることができるよう、介護保険制度訪問介護の利用を勧める。


3.ふれあい・いきいきサロンにおいて、隣町の業者や農協等の協力を得て、朝市の開催に向けて取り組む。


4.通院バスなどの空時間帯に、スーパーマーケットまで買物に困っている住民を送迎する事業を企画したいと考え、車両確保や協力依頼のために関係機関と協議する。 


5.高齢者の問題であるので、地域包括支援センターが対応すべき課題であると考え、同センターに対応を任せる

 

正解は3と4!

 

(2)解説🖍️

 

1.家族が近くにいなかったりする場合もあるため任せるではなく、地域で何ができるのかを探ることが大切です。

2.基本的な福祉ニーズは公的な福祉サービスで対応する原則ですが、このように多様なニーズには地域に新たな支え合い(共助)を創出するこも必要です。

5.全て地域包括支援センターに任せるのではなく、社会福祉協議会が組織の特性を生かし、住民・ボランティアの協働体制などとの連携を計りながら解決をしていくことが大切です。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

専門職のみでは解決しないときは他の関係者(どんなものがあるのか)との連携について。

住民ボランティアの関係者とはどういう人なのかやその人たちとの関係性について。

 

不正解の選択肢について

なぜ親族や家族だけに任せないのかの理由について。

多様なニーズに対応するにはどうすればいいのかについて。

地域包括支援センターになぜ任すのはダメなのかやどう関係性をもったらいいのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

事例文を読む前に任せるとか制度だけに頼るみたいな文書を除くと3と4しかのこりませんね。

 

まあ一応事例文を読んで確実かどうかを確かめました。

 

理由まであまり深く考えていなかったし、周辺の知識を増やすために赤マルポイントで書いたようなことをしっかり覚えておきたいですね。🤗

 

一旦はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

続きを読みたい!📃と思ったあなたは更新までしばらくお待ちくださいね🎵

【勉強方法📝】私が社会福祉の勉強で心掛けていること。🍀

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回は社会福祉士の勉強で心がていることをご紹介します。👏

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

1、資格を取る理由を忘れず、勉強を楽しむ!🌠

 

なかなか勉強って楽しい!って思う人はあまりいないと思います。

私もそうでした!!🤔

 

皆さんはなぜその資格取りたい!と思いましたか?

 

知識を増やしたい!、スキルを磨きたい!、その資格を取って誰かを救いたい!などいろいろあると思います。🤔

 

この理由を忘れるから「何で勉強なんかしないといけないのか?」、「資格をとっても意味がないから勉強辞めた!」みたいになるのではないでしょうか?✴️

 

私の場合は社会福祉士の知識といつかはそういう職場で働いてだれか救いたい!と思ったからです。

 

なのでその理由をもちながら勉強していると、こういう支援の方法があるのかやこの制度わからんかったから参考書で調べておこう!と調べて知識を増やすことで力が身につきます。

 

少しでもそういう知識を増やしていくと、勉強って楽しいなもっと知識を増やしたいなるのではないでしょうか?✴️

 

いま私は勉強していて去年も受けたのに全く忘れている部分が多いですが、もっと制度について知りたい!と思っています。

 

2、何度も問題を解く!👩‍🏫

 

必死に勉強して一回で覚えようと思う人がいるかもしれません。

 

まず人って1日で75%忘れるらしいのです。

試験までに一回やっただけでは当たり前ですが、ほとんど覚えていないと考えらますね。

 

なので何度も繰り返し覚えていくことが大切なのではないでしょうか?✴️

 

私が使っている赤マルでは19科目の7年文の過去問がありますが、半分の以上の過去問を解いています。

私はすでに最初に説いた問題をもう忘れていると思います!!

 

なので19科目の7年分を一回解いたらもう一度解いて勉強したいと思います。

そしてそれがおわったら◯❌を2回やる予定です。。(◯❌は一問一答なので選択肢よりは早く終わると思います。)

 

それが終わったら模試の試験を受けることも予定(見直し)していますが、それでも選択肢を中心に◯❌も含め試験まで選択肢や◯❌を各3回以上やりたいなと計画しています。

 

🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒

 

3、問題の解説は読書だと思えばいい?✌️

 

解くときの注意したいことは解説を覚えようとしないことです。

 

え?って思った人もいらっしゃるかも知れませんが。

 

覚えようとすると、なかなか進まなかったり、特に最初は全然解けないことが多く、勉強したくなるのです。

 

また、覚えようとして時間をかけるより読み物として読んだ方がたくさんの問題を解けます。

 

なので、問題を解いて解説を見るときは、それを覚えようとはせず、声に出して読み物として見てこんな制度やこんな法律があるのかさらっと流して次の問題を解きます。

 

そして繰り返し問題を解いて解説を読んでいると、自然とこの解説知っているとなるくらいまで読みましょう!!

その程度まで学習することが知識の定着できると私は考えています。🌸

 

4、勉強したくないときはあまりやらない。🤔

 

誰だって体調不良や気分的にやりたくないときもあると思います!!

 

そういうときにたくさん問題を解いても頭が回っていなかったら、やっている意味がないと私は思います。

 

なので私の考えはやりたくないときや体調が悪いときには1問、2問解いてあとはゆっくり休むか時間を開けて気分をリフレッシュしてから解いてたまには休憩した方がいいかな?と考えました。🤗

 

だから受験勉強は休憩する期間の確保や知識の定着をするために早めにやる方がいいかな?と考えています。

 

5、最後に🌸

 

今回は私が試験勉強で心がけていることをいくつか(4つ)ご紹介しました。👏

 

これは資格だけではなく、受験勉強にも少し共通するのではないかと思います。🤔

 

皆さんもこれを参考に資格勉強や受験勉強に役立ててくださいね。📝(どれを取り入れるのかは読書のあなた自身ですが!!)

 

🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒🍒

 

今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次のブログで会いましょう。🙋

 

【水曜日はSTUDY DAY!📝】赤マル💮勉強方法をご紹介82ー3

どうも~。当ブログをご覧いただいてる、そこのあなた!毎度ご覧いただき、ありがとうございます。担当のSW-challengeで~す。

 

今回もさっきの続きの私の赤マル勉強方法をご紹介します。👏

 

それでは、いってみましょう。(^-^)/

 

目次

 

 

注意事項⚠️

 

赤マルのサイトから問題文と選択肢を引用しています。(赤マルから許可をえています。✏️)

詳しい解説は、赤マルサイトで見て下さい。

実際の試験の選択肢とは異なります。

 

1、第9問:2014年度💮地域福祉問40📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問40

実施年度:2014年

 

問題文

 

ボランティア活動に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.ボランティアコーディネーターは、ボランティア活動者の自主性を妨げないようにするため、プログラムの企画や開発を行ってはならない


2.社会福祉法では、市町村社会福祉協議会ボランティアコーディネーターを配置する義務があるとされている。

 

3.社会福祉法第4条にいう「社会福祉に関する活動を行う者」には、ボランティア等が想定されている。


4.中間支援組織としてのボランティアセンターの運営主体は、社会福祉協議会NPOといった民間非営利組織に限定されている。


5.「ボランティア活動の中長期的な振興方策について(意見具申)」では、ボランティア活動の基盤整備のための公費使用は、ボランティア活動の自主性を妨げるとされている。

 

正解は3!

 

(2)解説🖍️

 

1.ボランティアコーディネーターとは、一人ひとりが社会を構成する重要な一員であることを自覚し、主体的・自発的に社会のさまざまな課題に取り組みます。

その中にネットワークづくりやプログラムの企画も含まれています。

2.社会福祉協議会は地域福祉の推進を目的しています。

また、ボランティアコーディネーターの配置義務の明記されていません。

4.ボランティアセンターは、社会福祉協議会NPOといった民間非営利組織以外にも自治体、職場、学校などがあります。

5.ボランティア活動を推進するためには、その活動が安定し、継続的に行われるための支援が必要なため公費による助成が望ましいです。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

社会福祉に関する活動を行う者がサービスを必要とする住民との関係性について。

 

不正解の選択肢について

ボランティアコーディネーターの目的や関係機関との関係性や業務の内容について。

社会福祉法の市町村社会福祉協議会の目的について。

ボランティアセンターの運営主体はどんなにあるのかまた、どんな組織なのかについて。

ボランティアの活動には何が必要なのか資金をどう使うのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

1のように開発を行ってはならないやボランティアの運営や費用はいらないみたいな記述はなんとなく間違えていることに気がつくと思います。

 

でもなぜそれが間違えているかまだ覚えていなかったので、赤マルの解説ポイントで書いたようなことをしっかり読んで間違えている理由を理解しておきたいですね。🤗

 

2、第10問:地域福祉問39📖

 

(1)問題について📕

 

地域福祉の理論と方法の問39

実施年度:2014年

 

問題文

 

地域における福祉ニーズの質的な把握方法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

選択肢

 

1.個別インタビューは、自宅などの日常生活空間ではなく、静穏な環境である面接室などの方が必要な情報が得られやすい。


2.個別インタビューの録音は、対象者の抵抗感や警戒感を招くため避けるべきである


3.グループインタビューは、対象者の考えが他の参加者の意見に左右されるため、個別ニーズ把握が難しく、避けた方がよい。


4.福祉ニーズの多様性を把握するには、半構造化面接よりも構造化面接の方が適している。


5.住民懇談会は平日だけではなく、日曜・祝日にも開催するなどして、多くの住民の参加を得て福祉ニーズを集約する。

 

正解は5!

 

(2)解説🖍️

 

1.個別面接では、自宅など実際の生活空間で行うことにより実際の生活上の問題を把握することができます。

2.個別インタビューを行うのときは録音などの方法によって記録し、内容や形式を分類するために持ち要ります。

3.グループインタビューは参加者の意見を聞き、別の参加者がそれまで気づかなかった生活問題や福祉ニーズを発見できる可能性もあります。

4.構造化面接とは、質問項目を厳密に設定し、一問一答形式で行います。

半構造化面接とは、大まかにガイドラインを設定しあとは比較的自由に語ってもらう方法です。

福祉ニーズの多様性を把握するには半構造化面接が適切です。

 

(3)ポイント✏️

 

正解の選択肢について

住民懇談会のやる意味について。

 

不正解の選択肢について。

個別インタビューを行う場所となぜその場所がいいのかについて。

個別インタビューを行うときの録音のやり方となぜ録音をするのかについて。

グループインタビューの特徴とそのメリットについて。

構造化面接と半構造化面接のやり方についてと半構造化面接がなぜいいのかについて。

 

これらを赤マルの解説で覚えておきましょう。👏

 

(4)結果💯

 

正解しました。

 

(5)感想📱

 

構造化面接と半構造化面接のやり方やグループインタビューの特徴や個別インタビューのやり方など面接方法を理解しているのか確認の問題ですね。

 

なので一応正解しましたが、赤マルの解説ポイントで書いたようなことを読んでしっかりと面接のやり方やそれぞれのメリットなどを確認しておきたいですね。🤗

 

💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮💮

 

3、まとめ✏️

 

地域福祉の理論と方法の2015年度の4問と2014年度の6問の計10問について勉強&考察をしました。👏

 

今日は2問間違えました。🤔

 

外国の歴史や日本の歴史など歴史の制度が覚えていなかったので、間違えました。

あとはだいたい正解しましたが、理由など細かい所まであまり覚えていていませんでした。

 

なので間違えている所と細かい部分を赤マルの解説やポイントで書いたようなことをしっかり読んで覚えておきたいです!!🤗

 

少しでもお役にたちましたでしょうか?✴️

 

もしよろしければ、読者のあなたも赤マルで勉強&復習をするときにはぜひ参考にしていただけたら、嬉しいです!🌸

 

今回はココまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次のブログで会いましょう。🙋

 

番外編🌹

 

今日の私の赤マル勉強方法をおさらい!!82-1と82-2📝

良かったら読んでくださいね🎵

 

82-1はこちら!📖

sw-challenge.hatenablog.com

 

 

間違えて昨日の貼ってしまいました!😓

こちらは無視してください。🤔

 

82-2はこちら!📖

sw-challenge.hatenablog.com